金融犯罪ニュース

スキミングによる偽造キャッシュカード被害にご注意ください

キャッシュカードの磁気データ等を盗み取ったうえで(スキミング)、キャッシュカードを偽造し、お客さまの預金を不正に引き出す犯罪が発生しております。ATMをご利用の際には、ATM周辺の不審な機器(特にカード挿入口)にご注意ください。
 また、ゴルフ場等で貴重品を預けるセーフティ・ボックスのご利用の際にも、ご注意ください。被害防止のため、セーフティ・ボックスご利用の際の暗証番号は、キャッシュカードとは違う番号にしてください。

犯罪の手口

キャッシュカードの磁気データおよび暗証番号を盗む

(ATMコーナーでの手口)

  • ATMのカード挿入口に、カード読み取り機を設置し、利用者のカード挿入時に磁気データを盗み取る。
  • ATM周辺に、小型の隠しカメラを設置し、カードの暗証番号を盗撮する。

 

(ゴルフ場等での手口)

  • セーフティ・ボックスに、小型の隠しカメラを設置してセーフティ・ボックスの暗証番号を盗撮し、セーフティ・ボックスから財布やキャッシュカードなどを盗み出す。
  • カード読み取り機を使って、カードの磁気データを盗み取る。
  • セーフティ・ボックスの暗証番号や財布に入っていた運転免許証などに記載してある生年月日から、カードの暗証番号を類推する。
  • スキミングが発覚しないよう、盗み出した財布やキャッシュカードはセーフティ・ボックスに戻す。

盗んだ磁気データでキャッシュカードを偽造し、偽造したカードで預金を引き出す

 

被害に遭わないために

  • ATMのカード挿入口やATM周辺の不審な機器にご注意ください。銀行でも警戒を強化しておりますが、万一、発見された場合には、銀行員にお知らせいただくか、ATMに設置の電話でご連絡ください。
  • ゴルフ場等で利用するセーフティ・ボックスの暗証番号は、キャッシュカードと同じ番号にしないでください。
  • キャッシュカードの暗証番号を、生年月日などの類推されやすい番号にしないようご注意ください。

以上