解説記事 国内

2017年12月 8日

政府、「新しい経済政策パッケージ」を閣議決定

 政府は、12月8日、新しい経済政策パッケージを閣議決定した。新しい経済政策パッケージは人づくり革命と生産性革命を車の両論として、2020年に向けて少子高齢化に立ち向かうための具体的な政策パッケージをとりまとめたものとされている。

 このうち、「第3章 生産性革命」に示された金融分野に関わりの深い項目の概要は以下のとおり。

1.中小企業・小規模事業者等の生産性革命

  • 中小企業等を支援する機関の機能強化として、金融機関による金融仲介機能の適切な発揮を促すための、金融仲介の発揮状況を表す客観的な指標群(KPI)を2018年夏までに策定・公表

2.企業の収益性向上・投資促進による生産性革命

  • コーポレートガバナンス・コードの必要な見直し等を通じたコーポレート・ガバナンス改革

3.Society 5.0の社会実装と破壊的イノベーションによる生産性革命

  • 規制の「サンドボックス」の制度化
  • 金融商取引関連法制について、イノベーションの促進と利用者保護のバランスをとりつつ、現在の業態別の法体系を機能別・横断的なものにするための検討
  • 利用者利便の向上や企業の成長力強化、キャッシュレス社会の実現に向けて、FinTechの活用を促進するための方策の検討
  • 法人設立手続オンライン・ワンストップの具体策と工程を今年度末までに検討

(関係資料はwww.cao.go.jpから入手可能)

以上