本店所在地:東京都

三井住友信託銀行の取組み


ポジティブ・インパクト・ファイナンス

環境商品 その他

ポジティブ・インパクト・ファイナンスは、企業活動が経済・社会・環境にもたらすポジティブインパクトとネガティブインパクトを包括的に分析・評価し、当該活動の継続的な支援を目的として融資(投資)を実行するもので、企業のSDGs達成への貢献度合いを当該企業の評価指標を活用して具体的に明示して開示することが最大の特徴です。当グループは2019年1月、UNEP FI(国連環境計画・金融イニシアティブ)がのポジティブ・ インパクト・イニシアティブに参画し、SDGsの達成に貢献する金融の新たな役割とグローバル基準の確立に向け、海外の参加メンバーとも協議を重ねながら評価分析ツールの構築などにおいて積極的な役割を担っています。

三井住友信託銀行は2019年3月、不二製油グループ本社株式会社との間で、UNEP FIが定めた「資金使途を特定しない事業会社向け融資」タイプのポジティブ・インパクト・ファイナンス融資契約を締結しました。このタイプの取り組みは世界初となります。三井住友信託銀行は、不二製油グループが全ての事業分野、エリアにおいて、ネガティブインパクトの抑制およびポジティブインパクトを追求することでSDGsに貢献していることを評価しました。

三井住友信託銀行 のホームページ