キーワードで記事を検索

検索結果

全 3 件:
1

ディスクロージャー誌ってなに?

... 取引先の銀行は自己責任で選ぶこととなります。そのためには、銀行の情報を知り、判断することが重要です。銀行側は銀行に関する情報を入手していただけるように、「ディスクロージャー誌(情報開示誌)」を作成しています。 ディスクロージャー誌には財産や収支の状況といった財務内容だけでなく、その銀行の経営方針や、組織構成、取り扱っている金融商品・サービスの内容など、銀行の経営全般を知ることができる情報が掲載されています。 銀行の店舗にはデ...
2

ディスクロージャー誌で収益性を知るには

... 銀行の収益の大きさを表す業務粗利益から、人件費や物件費などの経費を除いたもので、銀行の収益力を知るための指標のひとつです。 業務純益は銀行法で定められた開示項目ではありませんが、多くの銀行がディスクロージャー誌のなかで開示しています。 「利ざや」でわかることとは? 利ざやとは、例えば、総資金利ざや(「貸出金利などの資金運用利回り-預金金利などの資金調達原価」)のことです。 預金と貸出は銀行の代表的な業務ですから、そこから生...
3

ディスクロージャー誌で健全性を見抜く!

...払いの確実性を、簡単な記号により表示したものです。 債務履行能力が高い順にAAA(トリプルA)、AA(ダブルA)、A(シングルA)、BBB、BB、B、CCC、CC、C、D といった表示がなされます。 ディスクロージャー誌のココで健全性がわかる! 大事なお金を預ける銀行に万一のことがあっては困ります。銀行は健全性の指標となる情報を公開しているので、預ける側は自分で判断する必要があるのです。 銀行の健全性を推し測る...