キーワードで記事を検索

検索結果

全 3 件:
1

お給料から少しずつ…でもいずれ大きく育つ「財形貯蓄」

...「一般財形貯蓄」は積立の目的を問わず、一部引き出しや解約などが自由にできる給与天引きの貯蓄です。結婚、教育資金など自由に利用できます。ただし自由度が高いので財形年金貯蓄や財形住宅貯蓄のような税制上の優遇措置がありません。 一般財形貯蓄の積立期間は3年以上、預入れより1年経過後から、全額または一部引出しをしても契約が無効になることはありません。預入限度額はなく、利子等は20.315%(所得税と復興特別所得税15.315%、地方税5%)の源...
2

Q. 毎月しっかり貯蓄をしたいけど、なかなかできません【FPが回答】

...き貯蓄や 積立定期預金の利用がおすすめ。手間いらずで、毎月一定額をきっちり貯蓄してくれる定期・定額であるのが大きなメリットです。 給与天引き貯蓄の代表が、会社員や公務員が利用できる「 財形貯蓄」。「 一般財形貯蓄」「 財形年金貯蓄」「 財形住宅貯蓄」の3種類があり、税制面の優遇や融資制度などもあります。ただし、勤務先がその制度を導入していなければ利用できませんので注意してください。 一方、 積立定期預金はほぼすべ...
3

Q. 教育費はもう準備を始めた方がいいですか?【FPが回答】

...の負担がかかるのは避けたいところ。住宅購入時期や、子どもが複数の場合、それぞれの進路なども考慮した上で、どの程度教育費を用意できるのかを十分考えるべきでしょう。 貯める商品としては、給与天引きによる 一般財形貯蓄や、普通預金から自動振替で 積立定期預金が便利でしょう。教育資金用として、口座をしっかり分けて管理することも忘 れずに。また、学資保険を利用するのであれば、掛けた保険料の総額より多い満期金が受け取れる、貯蓄...