キーワードで記事を検索

検索結果

全 1 件:
1

家を建てる時、家族の援助が受けられる「住宅資金贈与

対象となるのは、父母や祖父母などの直系尊属からの贈与に限定され、贈与を受ける年の1月1日で満20歳以上の子供・孫等で合計所得金額2,000万円以下のものに限られます。また確定申告が必要など、要件が決められています。非課税枠などは税制により変化しますので、実際に贈与を受ける際には、税務署や税理士へ確認された方がよいでしょう。 身内の援助で住宅を取得しやすく! 「住宅取得等資金の贈与税の非課税制度」