キーワードで記事を検索

検索結果

全 7 件:
1

個人年金保険

... 将来の生活設計には「個人年金保険」も注目すべき手段です。中長期的な資産形成を目的とする商品なので中途解約すると損をすることもありますが、資産形成のための金融商品に死亡保障の保険をあわせ持っていることが特徴です。 個人年金保険ってなに? 個人年金保険は、将来の年金受け取りと、資産形成(運用)、死亡保障の機能をあわせ持つ商品です。基本は、老後の生活資金に備えるもので、あらかじめ定められた年齢から、年金を受け取ることができます。万一、年金の...
2

知っておきたい「変額個人年金保険」のリスク

...投資信託を組み込んだ保険商品 「変額個人年金保険」は、払い込んだ保険料の運用実績で、将来受け取る年金額や解約返戻金などが変動(増減)します。いわば投資信託と年金保険がひとつになった商品です。運用実績によっては将来のインフレに対応できる可能性や、相続時に生命保険の非課税枠を活用できるなどの特徴があります。 老後の年金作りとして「変額個人年金保険」が注目されています。「変額個人年金保険」は年金保険に投資信託を組み込んで運用するタイプの商品...
3

銀行で保険に入れるの?

... 保険の種類 主な内容 定額個人年金保険 契約時に定められた予定利率(保険会社が約束する積立金の運用利回り)が適用されるため、運用実績にかかわらず、決められた年金額を受け取ることができます。将来受け取る年金額が決まっています。 変額個人年金保険 運用実績にもとづいて受け取る年金や解約返戻金が増減する保険です。年金開始前に死亡した場合は、死亡給付金が受け取れます。 終身保険 死亡保障が一生続く保険で、死亡時...
4

【10分でわかる!】これで安心!金融商品の購入/変額年金保険編【動画】

... 変額年金保険の注意点を確認する 知っておきたい「変額個人年金保険」のリスク 個人年金保険の詳しい説明
5

Q. 専業主婦がiDeCoを始めるメリットは?【FPが回答】

...ります。運用の仕方によっては、利益よりもコストの方が大きくなってしまう可能性があるので注意しましよう。 実際の運用は、各金融機関がそれぞれに用意している運用商品から選びます。元本が確保される定期預金や個人年金保険のような商品もありますので、リスクを取りたくなければ、そういった商品の選択も可能です。 専業主婦は所得控除のメリットを受けられないが… iDeCoのメリットのひとつに、積み立て時の掛け金が全額所得控除できると...
6

投資商品の種類と特徴

...下がりや倒産などリスクもあります。 公共債 公共債とは国や地方自治体が資金調達のために発行する債券です。 公共債には、国が発行する国債、地方自治体が発行する地方債、その他に政府機関債があります。 個人年金保険 将来の年金受け取りと、資産形成(運用)、死亡保障の機能をあわせ持つ商品です。 万一、年金の受け取り開始日前に、被保険者が亡くなった場合には、遺族に死亡給付金が支払われます。 金銭信託 信託銀行が利用...
7

Q. 老後資金は一体いくらあれば安心……?【FPが回答】

...に入ってからという世帯も少なくありません。 短期間で多額の資金を用意するのは容易ではなく、少しでも早くより計画的に貯めていくことが求められます。そのためには、退職金のほか、保有する保険商品(終身保険、個人年金保険、養老保険など)や投資商品、不動産など、今からできるものは試算して、今後どのくらいのペースで貯めていくべきか割り出します。それをベースに、各家庭に適した老後資金づくりを実践していくことが大切です。 また、将...