キーワードで記事を検索

検索結果

全 4 件:
1

ハンコにはルールがあります!

届出印として使えない印鑑 キャラクターもの等の印鑑 多数の人が同じ印鑑を持っていると、印鑑照合の意味がなくなってしまいますので、ご使用になれません。 ※詳しくは各銀行にご確認ください。 ゴム印など変形しやすい素材の印鑑 ゴム印やイモ判などは劣化しやすく、変形してしまうと、もとの印鑑と異なってしまうため印鑑照合ができなくなってしまいますので、ご使用になれません。※銀行によって取扱いが異なります。 ※詳しくは各銀行にご確認ください...
2

困った!銀行印の紛失と変更

届出印を変える場合 銀行の窓口に、「これまでの印鑑(お届け印)」、「今後使用する印鑑」、「通帳」、「本人確認書類」をお持ちください。 窓口に備え置いてある「変更届」、「印鑑届」にご記入のうえ、窓口にご提出ください。 ※銀行によって取扱いが異なります。詳しくは各銀行にご確認ください。 届出印をなくしたら… 届出印や通帳、キャッシュカードを紛失した場合の連絡先 紛失に気づいたら即座に取引銀行へ連絡してください。盗難時も同様です。 ...
3

引越しをしたら必ず銀行へ

...忘れずに銀行窓口で手続きを!! 銀行口座にとって名義人の住所は大切な情報です。引っ越したら、取引のある銀行の窓口で以下の書類を持参しましょう。 1.「転居先の住所が記載された本人確認書類」、「 届出印」を持参。 2.窓口で「住所変更届」に記入のうえ、窓口にご提出ください。 窓口に来られない人の場合、郵送によって手続きができる「メールオーダーサービス」や、お電話によって手続きができる「 テレフォンバンキング 」などを利用して手続...
4

お子様の口座も開設できます!

...本人確認書類は親と、子、それぞれ持参します 子供の名義の口座を開設する際には以下を用意します。 親の本人確認書類 子供の本人確認書類(健康保険証など) 届出印(銀行印となるもの) なお、15才以上などの条件で、子供だけで口座開設が可能な場合もあります。 詳細は銀行によって異なるため、取引先の銀行に確認してください。 代理人である親の本人確認も必要 子供の本人確認書類(健康保険証等)だけではなく、同行した親の本人確認書類も求...