キーワードで記事を検索

検索結果

全 4 件:
1

Q.老後のための年金制度について知りたいのですが?【FPが回答】

...受け取る年金は年金制度によって異なる 老後を支える年金制度には、国よる制度としての「公的年金」と、企業や個人などによる「私的年金」に大別できます。そのうち、公的年金制度は国民年金と厚生年金の2種類。現役世代が保険料を納めることで、高齢者の年金給付を賄うという仕組みが大きな特徴です。国民年金の加入者は、日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人。厚生年金は適用を受ける企業に勤務する従業員の他、公務員、私立学校教職員などとなります。 ...
2

もう一度確認しておきたい日本の年金制度

...年金の種類 わが国の年金制度は公的年金制度と私的年金制度の2種類があります。 公的年金の内訳は以下の通りです。 1.国民年金 日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人。2.厚生年金 厚生年金保険の適用を受ける会社に勤務するすべての人、または公務員・私立学校教職員など。 また、個人が納めた保険料を積み立ててその運用益とともに個人に返す積立方式ではなく、現役世代の納める保険料によって高齢者の年金給付を賄うという「世代と世代の支え...
3

確定拠出年金とは?

... 少子高齢化や高齢期の生活の多様化など、社会経済情勢の変化を背景に、これまでの年金制度を補完するために2002年から導入されました。 従来の年金制度との大きな違いは年金受給額が人によって異なることです。年金資金運用のプラン、コースを自分で選択、指図します。これまでの企業年金と違い、転職の際にも移管が可能ですが、年金資金の運用結果は加入者自身の自己責任となります。 確定拠出年金(DC)では、銀行などの運営管理機関が提示するいくつかの金融商...
4

銀行でナットク、充実!「年金受給者向けサービス」

...象とする銀行もあります。 この他の便利なサービス 銀行によって提供されるサービスは異なりますが、代表的なものをご紹介します。 年金相談 年金についてのさまざまな疑問や質問を受けるサービスです。 年金制度は複雑でわかりにくいですので、はじめて手続きされるかた、現在受給中の年金に疑問をお持ちのかたなどはご利用ください。 健康サポートプラン 年金を受給されている方およびご家族の生活をバックアップするため、専門の...