キーワードで記事を検索

検索結果

全 9 件:
1

知っておきたい「相続」のこと

...遺言相続を詳しく知りたい 民法で定めた法定相続での分割とは異なり、家族それぞれの事情に合わせた遺産分配を望む場合に有効な制度が「遺言制度」です。遺言制度のメリットは、自分の意思で遺産の分配方法を決めることができることです。満15才以上なら、この制度を利用できます。遺言には次のようなことを記載できます。 「遺贈」(遺言により、特定の財産または財産の一部を、ある特定の相続人や特定の人へ与えること) 「信託の設定」(公益信託などを設定する...
2

Q. 生きているうちに資産を有効活用したいのですが?【FPが回答】

...口座を開く必要があります。あとは、教育資金が発生したら、その領収書を金融機関に提出するだけ。なお、現行は2019年3月末までの措置です。 (※)相続税の基礎控除額は〈5,000万円+1,000万円×法定相続人の人数〉から2015年以降〈3,000万円+600万円×法定相続人の人数〉に変更された。 <私、悩んでいます> 「2015年から相続税が増税されたと聞きました。私も、多少ではありますが土地家屋や預貯金があります...
3

Q. 相続など、自分が死んだ後のことが心配です【FPが回答】

...世帯でも発生する可能性が高まりました。まずは、相続税がどの程度発生しそうか、試算をしておくことをおすすめします。 相続をトータルに管理する「遺言信託」 実際の相続については、民法によって相続人の範囲と法定相続分が定められています。ただし、法定相続分は相続人の間で遺産分割の合意ができなかった場合の遺産の取り分であり、そのとおりに行う必要はありません。また、相続は何がトラブルになるかわかりません。遺族が困らないためにも「...
4

相続手続きのサポートも銀行で

... 「 法定相続人の確定」 「相続財産の確定」 「相続財産の名義変更」 銀行では上記のような手続きについて、お手伝いを致します。事前のご相談はもちろんのこと、遺産の調査、相続財産の目録の作成なども行っています。 相続税の計算、登記は専門家が行います 相続税の計算、登記に関する手続きは資格を持つ税理士、司法書士等の専門家でなければ行えません。通常、相続人様から直接ご依頼いただくことになりますが、ご希望があれば銀行側からご紹介いたします。...
5

Q. いずれ相続する親の実家、どうすればいい?【FPが回答】

...では、そういう状況では具体的にどのような選択肢があるでしょうか。 まずはとりあえず相続をして、その後,どうするかは検討するというケース。ただし、その時点で相続税と固定資産税が発生します。 相続税は、法定相続人が1人の場合、3600万円までの基礎控除があります。土地と家屋にそれだけの資産価値がなくても、相続は預貯金などを含めたすべての資産が対象となりますので、そこは注意が必要です。 また、固定資産税は土地家屋を手放さ...
6

被相続人(亡くなられた方)の除籍謄本、戸籍謄本または全部事項証明書

... 被相続人(亡くなられた方)の戸籍謄本等は、「死亡の事実の確認」と「法定相続人の確認」のために必要となりますので、亡くなられた方の出生から死亡までの連続した戸籍謄本等をご用意ください。 なお、本籍地を変更したとき、結婚や養子縁組のために別戸籍に編入したときおよび法律による戸籍簿の改製がなされたときは、「戸籍簿」が切り替わるため、原戸籍・改製原戸籍等、前・後の戸籍謄本が必要となる場合や、相続人が被相続人の兄弟姉妹の場合は、被相続人の両親...
7

相続人全員の戸籍謄本または全部事項証明書

... 原則として、相続人の戸籍謄本等は、「法定相続人の確認」のために必要となります。  本籍地を変更したとき、結婚や養子縁組のために別戸籍に編入したときおよび法律による戸籍簿の改製がなされたときは、「戸籍簿」が切り替わるため、原戸籍・改製原戸籍等、前・後の戸籍謄本が必要となる場合があります。また、被相続人(亡くなられた方)の戸籍謄本等で確認できる場合には、不要となることもありますので、くわしくは、お取引金融機関にお問い合わせくだ...
8

預金相続の手続に必要な書類

...判書謄本(裁判所で遺言執行者が選任されている場合) 遺言書がない場合 (2)遺産分割協議書がある場合 遺産分割協議書がある場合の相続の手続には、概ね次の書類が必要となります。 遺産分割協議書(法定相続人全員の署名・捺印があるもの) 被相続人(亡くなられた方)の除籍謄本、戸籍謄本または全部事項証明書(出生から死亡までの連続したもの) 相続人全員の戸籍謄本または全部事項証明書 相続人全員の印鑑証明書 (3)...
9

決して無縁とは言い切れない相続の話

... 「はじめて学ぶ 相続ガイドBOOK」 〈INDEX〉 導入  相続って、どんなこと? 第1話  なぜ、相続の知識が必要になるの? 第2話  手続きの流れはどうなっているの? 第3話  法定相続人の相続割合とは? 特別付録  相続Q&A! もしも自分が「相続」の当事者になったなら…… そもそも相続とは何でしょうか。ひとことで言えば「亡くなった人の財産を分ける手続き」ということになります。 相続の対象となるのが相続財産です...