キーワードで記事を検索

検索結果

全 12 件:
1

Q.50代半ばから確定拠出年金を始めて効果はあるでしょうか?【FPが回答】

...加入期間は短いが、税制優遇のメリットは小さくない 老後準備のため、55歳から個人型の確定拠出年金(個人型DC、愛称「iDeCo(イデコ)」)に加入してその効果はあるかどうかという相談ですが、まず知っておくべきは、何歳で加入しようとも、掛け金を拠出できる期間は個人型の場合、60歳までということ。55歳であれば、5年間しかありませんが、それでも、加入することでの一定の効果は期待できると考えていいでしょう。 その理由は、確定拠出年金利用によ...
2

Q.20代で確定拠出年金の利用は早過ぎますか?【FPが回答】

...購入するライフプランの可能性があるのであれば、それらの準備が先になるでしょう。それよりも後になる老後について、限られた収入の中からより多くの資金を捻出することは得策とは言えません。 では、20代から確定拠出年金(DC)を始めることに意味はないかと言えば、決してそうではありません。老後資金に限らず、ライフプランに係わる資金の準備で重要なのは、いわばバランス。教育資金や住宅資金づくりの負担にならない程度に、少額にとどめ...
3

確定拠出年金とは?

...年金受給額が人によって異なることです。年金資金運用のプラン、コースを自分で選択、指図します。これまでの企業年金と違い、転職の際にも移管が可能ですが、年金資金の運用結果は加入者自身の自己責任となります。 確定拠出年金(DC)では、銀行などの運営管理機関が提示するいくつかの金融商品をそれぞれの加入者が選択し、月々の拠出金を運用していくことで、将来受給する年金を確保していくしくみです。 確定拠出年金にある企業型と個人型の違...
5

老後のための資産形成「iDeCo」

... ※ 確定拠出年金には、個人で積み立てる個人型(iDeCo)と企業で積み立てる企業型の2種類があります。 iDeCoのメリットは? iDeCoのメリットは、3つの税制優遇にあります。 掛金が全額所得控除に iDeCoの掛金(積み立てるお金)は、全額が所得控除の対象になります。サラリーマンの場合、毎月の給料の一定割合を所得税や住民税として国や地方自治体に納めていますが、基本的に、給料のうち、iDeCoの掛金に相当する分には、税金がかかりま...
6

Q. 専業主婦がiDeCoを始めるメリットは?【FPが回答】

...専業主婦にとって個人型確定拠出年金のメリットは?
7

Q. iDeCoとNISA、投資にはどっちが向いている?【FPが回答】

...Co。掛け金が全額所得控除となる点も大きい NISAは運用できる商品の選択肢が広く、いつでも売却し現金として引き出せる iDeCoの強みは「老後資金づくり」と「節税効果」 iDeCo(個人型確定拠出年金)もNISAもその制度を利用して投資を行うと、運用益や配当にかかる税金20.315%(所得税15.315%[※1]、地方税5%)が非課税となります。低金利が続く今、十分に大きな利点と言っていいでしょう。 では...
8

Q.できるだけ費用を掛けずに投資をしたい【FPが回答】

...、そこから得られる分配金や配当金、売却益は5年間課税されません。つみたてNISAの場合は、年間40万円となりますが、非課税となる期間は20年間と長く、長期運用に適しています。 iDeCoとは、個人型確定拠出年金のことです。毎月一定額を運用することで老後資金を用意するというもの。掛金の引き出しは原則60歳以降ですが、そこで発生する運用益は非課税となり、また、毎月の掛金が全額所得控除なりますので、給料等に課税されている...
9

Q. 老後資金の準備として、未経験者が投資をするポイントは何ですか?【FPが回答】

...課税となります。NISAの1年間120万円の利用枠やつみたてNISAの1年間40万円の積立投資の利用枠も、少額投資なら十分な大きさでしょう。 また、老後資金づくりが目的であれば、 iDeCo(個人型確定拠出年金)という選択肢もあります。掛け金は全額所得控除、運用益は非課税、受取時も所得控除の対象になるという3つの税制優遇にあります。また、掛金は、月々5,000円から、1,000円単位で決めることができ、掛金の額は年...
10

Q.人の一生に必要な資金はどのくらいなのでしょうか?【FPが回答】

...のです。長期的な観点で運用することにより、価格変動リスクをある程度抑えることができ、また長期運用により複利効果も期待できます。 NISA(少額投資非課税制度)や つみたてNISA、 iDeCo(個人型確定拠出年金)といった税制優遇制度を活用することも、上手に運用をしていく大事なポイントでしょう。 〈試算の前提条件〉 ・総務省「家計調査報告・2016年平均速報結果」より、収入は可処分所得 支出は消費支出をデータから試...
全 12 件中、1 〜 10 件を表示