キーワードで記事を検索

検索結果

全 3 件:
1

繰上返済は有利?手数料は?住宅ローンの繰上返済

...繰上返済とは 繰上返済した資金はローンの元金部分に充当されますので、その元金に対応する利息部分の支払いがなくなります。 つまり繰り上げ返済をすることで、総返済額を減らす効果が期待できるのです。 収入が増加したり、臨時収入などで余裕資金が増えたりしたときなど、返済能力に余力ができた場合には、通常の返済とは別にローンの元金部分の一部を返してしまう「繰上返済」を実行するのが有効です。 期間短縮型 繰上げ後の返済額を変えずに残りの返済期...
2

お金を借りる際の心構え

...に返済するため、返済額は一定ではありませんが、金利や返済期間等が同じ条件であれば、元利均等返済より利息の総支払額は小さくなります。 他に、「リボルビング返済」「ボーナス時増額返済」「ステップ式返済」「 繰上返済」などがあります。 ローンやクレジット、その利用で絶対避けたいこと ローンやクレジットの利用で避けたいのは「つい借りすぎてしまう」「無理な返済計画を立ててしまう」といったこと。また、その返済のためにさらに「借...
3

Q.マイナス金利だと住宅ローンも「借換えどき」なのでしょうか?【FPが回答】

...金利が下がっています。 変動金利による将来的な金利上昇リスクを抱えるより、借換え効果が期待できるのであれば、多少金利は高くとも、固定型を選択するのも大事なポイントとなります。ただし、借換え後も積極的に繰上返済を行う予定であれば、変動金利の選択肢もあっていいでしょう。 ファイナンシャル・プランナー 借換えによる諸費用を考慮した上で、その効果を考えよう 金利差、ローン残高、残りの返済期間で借換えの「損得」が決まる 金...