キーワードで記事を検索

検索結果

全 13 件:
1

知ってナットク「複利の魅力」

...金融商品ごとに異なる金利 単利は当初預け入れた元本に対してのみ利息がつきます。運用期間で算出された利息を1年当たりに直し、元本で割った数値のことを「利回り」といいますが、複利の場合は、得られた利息を元本に加えて運用するため、同じ金利の場合には単利よりも利回りは高くなります。まずは、単利について計算式を確認しましょう。 単利の計算式  元利合計=元金×(1+年利率/100×預入期間) なお、単利と複利だけではなく、利息が付...
2

どうして預金するだけで利息がつくの?税金は申告しなくていいの?

...利息計算は様々 預貯金の元本に対し、どのくらいの利息を得られるかを計算するには、金利の種類がどのようなものであるか、そして利率が何%かを知る必要があります。 金利には単利や複利複利であれば 1年複利・ 半年複利・ 1ヵ月複利、固定金利、変動金利と様々なものがあります。 源泉分離課税で納税は完結 預貯金の利息にかかる税金は「源泉分離課税」です。銀行が個人のお客さまに利息を支払う際に、法によって定められた一定の税率で税金を徴収し、それだ...
3

投資のリスクを減らすポイントは「分散投資」と「長期投資」

...00円。 30歳のあなたが、30年間かけて貯めると、毎月の積み立て額は約48,000円。 40歳のあなたが、20年間かけて貯めると、毎月の積み立て額は約76,000円。 いずれも、金利を1%、1年複利と想定して積み立てた場合の試算です。利息額に対する税金20.315%(所得税15.315%(復興所得税0.315%含む)、地方税5%)を考慮しています。このように負担金額が大きく変わります。 長期間の保有でリスクを軽...
4

知っておきたい、金利表示の見方と注意点

...1円(税引き後)。しかし、2年目は100万円に2,391円が加算された金額に対して金利がつきますから、手にする利息は2,396円(利息合計は4,787円)と1年目より多くなります。こういった増え方を「複利」と言います。下図のとおり、5年目の利息額合計は12,012円となり、1年あたり2,402円の利息になるため、この時の利回りは税引き後0.2402%となります。 このように複利型商品の場合(※2)、前年の利息額を加え...
5

預金の利息シミュレーション【シミュレーション】

... シミュレーションは、あなたの預入金額を入力し、一定の預入期間で預金利息がいくらになるかを試算するものです。 預入金額 万円 利率 % 複利形態 半年 1年 預入期間 6ヵ月 1年 1年6ヵ月 2年 2年6ヵ月 3年 3年6ヵ月 4年 4年6ヵ月 5年 5年6ヵ月 6年 6年6ヵ月 7...
6

目標額達成シミュレーション【シミュレーション】

...目標額をためるには」シミュレーション シミュレーションは、あなたが希望する目標金額と積立期間を入力し、毎月いくら貯めれば目標額に達するかを試算するものです。 シミュレーションは1年複利で、積立期間中の利率は一定として計算します。 目標金額 万円 年利率 % 積立期間 1年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9...
7

Q. 専業主婦がiDeCoを始めるメリットは?【FPが回答】

...そもそも所得税や住民税を払っていませんので、この所得控除のメリットを受けることは出来ません。 では、専業主婦がiDeCoを行うメリットは何でしょうか? まず、運用益が非課税となり、再投資も可能なため複利効果が得られるという大きなメリットがあります。 また、iDeCoの受給(掛け金の引出し)は、一時金として受け取れば「退職所得控除」、年金(5〜20年の有期年金)として受け取れば「公的年金等控除」が適用となります。前者...
8

Q.20代から資産形成を考える必要がありますか?【FPが回答】

...はないはず。しかし、一方で40代、50代と比較して、より運用する時間があります。1回の積み立ては少額であっても、それを長期間積み立てることで、リスク軽減の効果は高まります。また、長期の運用は、より高い複利効果も期待できるのです。 また、少額の運用ならば、価格変動の影響も小さくなります。貯蓄と併用しながら無理なくできる点もメリット。さらに、投資信託であれば金融機関によっては1本千円前後からの積み立てができますから、毎...
9

金銭信託

...保証されるものではありません。 予定配当率は年2回、3月・9月26日に変更されるのが一般的です。 利息は年2回、3月・9月26日に支払われますが、半年ごとに受け取る方法と元本に組み入れる方法(半年複利)を選ぶことができます。
10

Q.人の一生に必要な資金はどのくらいなのでしょうか?【FPが回答】

...しかし、リスクのある運用も、若いうちから始めることで、時間を味方にしてリスクを低減することもできるのです。長期的な観点で運用することにより、価格変動リスクをある程度抑えることができ、また長期運用により複利効果も期待できます。 NISA(少額投資非課税制度)や つみたてNISA、 iDeCo(個人型確定拠出年金)といった税制優遇制度を活用することも、上手に運用をしていく大事なポイントでしょう。 〈試算の前提条件〉 ・...
全 13 件中、1 〜 10 件を表示