キーワードで記事を検索

検索結果

全 5 件:
1

お給料から少しずつ…でもいずれ大きく育つ「財形貯蓄」

...住宅貯蓄」は、マイホーム取得や工事費が75万円を超えるリフォーム等増改築を目的として積み立てる預金や信託です。会社が従業員の毎月の給与やボーナスから天引きし、契約先の金融機関の財形商品に積み立てます。 財形住宅貯蓄は契約時に満55歳未満の勤労者が対象で一人一契約のみ、積立期間は5年以上です。なお、財形年金貯蓄との合計で元利合計550万円(貯蓄型の場合)まで非課税扱いとなります。ただしマイホーム取得や増改築の目的外以外...
2

どうして預金するだけで利息がつくの?税金は申告しなくていいの?

...所得税・復興特別所得税15.315%、地方税5%)です。 *平成25年1月1日から平成49年12月31日までの25年間、復興特別所得税として、所得税額×2.1%が課税されます。 利息の非課税制度 「財形住宅貯蓄」や「財形年金貯蓄」の利息や、障害者手帳の交付を受けている方や遺族年金を受給されている方などが利用できる「マル優」「特別マル優」の利息は非課税です。 また、納税準備預金の利息も非課税です。 銀行の運用収益か...
3

Q. 住宅資金の作り方、頭金の目安を教えてください【FPが回答】

...とに変わりはありません。家計リスクを抑えるためにも、少なくとも「1割」以上は用意したいところです。 住宅資金の貯め方ですが、基本は毎月の積立となります。 積立定期預金か、勤務先に財形貯蓄制度があれば財形住宅貯蓄を利用してもいいでしょう。また、ボーナスからより多くを貯蓄に回すと、住宅資金づくりのペースがグンと早まります。一方、投資商品で住宅資金を増やすという方法は、不安があります。 元本保証で確実に貯めていくことが結...
4

【90秒でわかる!】資金の目的に合わせた金融商品【動画】

...金や学資保険などが向いています。あるいは、まとまった額を必要な時期に満期となる定期預金に預けてもいいでしょう。 住宅資金も同様に、元本保証の商品で確実に積み立てていく商品が向いています。積立定期預金や財形住宅貯蓄などを利用してもいでしょう。 対して、老後資金は準備のスタートが早ければ20〜30年先に必要となる資金となります。そのため、その備えに一部投資商品を加えることができる資金づくりとも言えます。 準備資金は...
5

Q. 毎月しっかり貯蓄をしたいけど、なかなかできません【FPが回答】

...め。手間いらずで、毎月一定額をきっちり貯蓄してくれる定期・定額であるのが大きなメリットです。 給与天引き貯蓄の代表が、会社員や公務員が利用できる「 財形貯蓄」。「 一般財形貯蓄」「 財形年金貯蓄」「 財形住宅貯蓄」の3種類があり、税制面の優遇や融資制度などもあります。ただし、勤務先がその制度を導入していなければ利用できませんので注意してください。 一方、 積立定期預金はほぼすべての金融機関で利用できます。給与が振...