キーワードで記事を検索

検索結果

全 3 件:
1

お給料から少しずつ…でもいずれ大きく育つ「財形貯蓄」

...毎月こつこつ蓄える 「一般財形貯蓄」は積立の目的を問わず、一部引き出しや解約などが自由にできる給与天引きの貯蓄です。結婚、教育資金など自由に利用できます。ただし自由度が高いので財形年金貯蓄や財形住宅貯蓄のような税制上の優遇措置がありません。 一般財形貯蓄の積立期間は3年以上、預入れより1年経過後から、全額または一部引出しをしても契約が無効になることはありません。預入限度額はなく、利子等は20.315%(所得税と復興特別所得税15.315...
2

どうして預金するだけで利息がつくの?税金は申告しなくていいの?

...得税15.315%、地方税5%)です。 *平成25年1月1日から平成49年12月31日までの25年間、復興特別所得税として、所得税額×2.1%が課税されます。 利息の非課税制度 「財形住宅貯蓄」や「財形年金貯蓄」の利息や、障害者手帳の交付を受けている方や遺族年金を受給されている方などが利用できる「マル優」「特別マル優」の利息は非課税です。 また、納税準備預金の利息も非課税です。 銀行の運用収益から支払われる利息 ...
3

Q. 毎月しっかり貯蓄をしたいけど、なかなかできません【FPが回答】

...預金の利用がおすすめ。手間いらずで、毎月一定額をきっちり貯蓄してくれる定期・定額であるのが大きなメリットです。 給与天引き貯蓄の代表が、会社員や公務員が利用できる「 財形貯蓄」。「 一般財形貯蓄」「 財形年金貯蓄」「 財形住宅貯蓄」の3種類があり、税制面の優遇や融資制度などもあります。ただし、勤務先がその制度を導入していなければ利用できませんので注意してください。 一方、 積立定期預金はほぼすべての金融機関で利用...