キーワードで記事を検索

検索結果

全 3 件:
1

電子記録債権」は手続きが簡単で便利!

...支払企業(債務者)の業務を軽減できる電子記録債権 事業や商売の取引に、さらに便利な電子記録債権 電子記録債権はこれまでの手形と同じく事業や商売の支払い手段のひとつですが、電子記録債権ならではの利便性が付加され、支払企業(債務者)にも納入企業(債権者)にも使いやすくお得なサービスになっています。 手形を振出そうとすると事務手続きが面倒なほか、搬送代や印紙税など費用も発生します。この事務手続きを簡素化して搬送代や印紙税を節約できるの...
2

電子記録債権「でんさい」とは

「でんさい」の導入メリット 従来の手形支払いと比較して、支払企業では、ペーパーレスによる印紙代や郵送代の「コスト削減」、搬送や保管に係る紛失などの「リスク削減」、手形の発行事務や精査作業の削減による「事務効率化」が図れます。 一方、受取企業では、領収書に印紙税が不要となる「コスト削減」、紛失や盗難などの「リスク削減」、支払期日になると自動的に入金され、取立を失念することもないなどの「事務負担軽減
3

経済活動と銀行の役割

...出されます。お金を借りた個人・企業などは銀行に対して利息を支払います。 銀行は、個人・企業などの重要な資金調達機能を担っているといえます。 「お金を決済する機能」 銀行は、 振込み、 手形・小切手、 電子記録債権による決済や、公共料金、クレジットカードの利用代金などの口座振替(自動引き落とし)を行なっています。 この機能により、預金者は支払いや受け取りに伴う時間や労力、現金の運搬に伴う盗難の危険を回避することができ...