キーワードで記事を検索

検索結果

全 3 件:
1

えっ、銀行が…!? その時、預金はどうなる(預金保険制度

預金保険制度で守られる範囲 預金保険制度には、保護対象となる商品が決まっていることをご存じですか。全ての金融商品が保護されるわけではありません。預金保険の対象商品と保護の範囲は次の通りです。 決済用預金*としての当座預金や利息のつかない 普通預金等は、全額保護されます。 定期預金や利息のつく 普通預金など1金融機関につき預金者1人当たり、元本1,000万円までと、その利息等となります。なお、1,000万円を超える部分であっても、破...
2

目的に応じて使い分けたい7つの銀行預金

...」、「受け取る」、「支払う」、「借りる」といった機能がセットになっています。 「当座預金」とは? 当座預金は手形や小切手の支払いに使われる預金です。法律により利息が付きませんが、銀行が破綻しても、預金保険制度によって全額保護されます。 「貯蓄預金」とは? 残高が定められた金額(基準残高)以上あると、普通預金より金利が高くなることが多いのが貯蓄預金です。出し入れ自由ですが、自動支払い、自動受け取りが利用できませ...
3

当座預金

...小切手の支払いに使われます 手形や小切手の支払いに使われる預金が「当座預金」です。法律(臨時金利調整法)により利息を付けることが禁じられている預金です。しかし、当座預金は「決済用預金」に該当するため、万一銀行が破綻しても預金保険制度によって、利息がつく預金とは別に全額保護されます。 当座預金の特徴 企業や個人事業主が業務上の支払いに利用する預金です。 預け入れは1円以上1円単位で、満期はありません。 現金の代わりに、支払われた手形や小...