キーワードで記事を検索

検索結果

全 17 件:
1

いまこそ始めたい「NISA制度」

...NISA口座で生じた損益について、確定申告は必要ですか。 NISA口座で生じた利益は非課税となるため、確定申告の必要はありません。なお、NISA口座の損失は、税務上ないものとみなされます。 FAQ目次に戻る FAQ目次に戻る NISA口座の開設には何が必要ですか。 NISA口座は、日本国内にお住まいの20歳以上の方が開設することができます。口座開設に当たっては、マイナンバーのほか、「非課税適用確認書の交付申請書」や「...
2

つみたてNISAがはじまりました!

...(ロールオーバー時の時価で全額移管) できません利用可能年齢 口座開設の年の1月1日において20歳以上の居住者等開設できる口座数 同一年において1人につき1口座資産の途中売却 いつでも可能制度間の関係 NISAとつみたてNISAのいずれかを年単位で選択 (商品の相互移管はできません) ※1 非課税期間が終了した際には、NISA口座で保有している投資信託等を、非課税投資枠の上限範囲内で、翌年の非課税投資枠に移す(移管...
3

利益に課税されない!!NISAのヒミツ

... 通常、金融商品から得られた利益には20.315%(所得税15.315%(復興所得税0.315%含む)、地方税5%)の税率で税金がかかりますが、NISAであれば、その分の税金がかかりません。 NISA口座で得られた利益は、老後資金やこどもの教育資金の準備、ちょっとリッチな旅行のためなど、利用目的を自分で自由に決められます! NISAのポイント 利用できるのは、日本国内に居住する20歳以上の者です(NISA口座を開設する年の1月1...
4

投資の非課税枠がグッと広がる「ジュニアNISA

...30万円分の商品を売却しても、その年の非課税枠は50万円のままです。また、別の口座で保有している株式や投資信託を移動することもできません。 「NISA」と「ジュニアNISA」の主な違い 主な違い NISA ジュニアNISA 対象者 日本在住で20歳以上(※1) 日本在住で0〜19歳(※1) 必要提出書類 マイナンバー等 マイナンバー等 金融機関変更可否 可能 不可能 取引主体者 口座...
5

Q. iDeCoとNISA、投資にはどっちが向いている?【FPが回答】

...「iDeCo」と「NISA」、どっちが投資に向いている?
6

Q. NISAを始めたいのですが、上手な利用のポイントは?【FPが回答】

...Q. NISAを始めたいのですが、上手な利用のポイントは?
7

Q.できるだけ費用を掛けずに投資をしたい【FPが回答】

...税15%、復興所得税0.315%、地方税5%)が課税されます。 ただし、これら税金も「NISA」や「つみたてNISA」または「iDeCo」といった国の制度を活用することで非課税とすることが可能です。 NISAは、年間120万円(買付額)までの投資については、そこから得られる分配金や配当金、売却益は5年間課税されません。つみたてNISAの場合は、年間40万円となりますが、非課税となる期間は20年間と長く、長期運用に適...
8

Q. 老後資金の準備として、未経験者が投資をするポイントは何ですか?【FPが回答】

...地域、業種)に偏ることなく、投資対象を分散させること。また、積立などによる購入時期の分散もリスクを抑えるのに効果的です。 具体的な投資方法ですが、銀行や証券会社などに口座を開設して投資を行うのなら、 NISA口座(少額投資非課税制度)や つみたてNISAは活用したいところ。本来、売却益や分配金、配当金に対して20.315%(所得税15.315%(復興所得税0.315%含む)、地方税5%)が徴収される税金が非課税とな...
9

Q. まったくのビギナーは、何から投資を始めればいい?【FPが回答】

...数 に応じて受け取れ、単元未満株取引では株主優待が受け取れるケースもあります。 少額投資で注意したいのはコスト管理です。とくに株式の場合、売買手数料が結果的に割高になってしまうこともあります。また、 NISA(少額投資非課税制度)を利用すれば、売却益や分配金、配当金が非課税となります。1年間120万円という枠は少額投資なら十分な大きさ。コスト意識を持ちながら、 NISAを活用することが大事なポイントと言えるでしょう...
10

Q. 周囲で投資を始める人が増えています。独身のうちに始めるべき?【FPが回答】

...ず自分のペースで始めてみてください。その際、大事なポイントは投資限度額を設定すること。たとえば、毎月 1万円とか、ボーナスから年間10万円といった、無理のない範囲の設定が大切です。また、節税効果のある NISA(少額投資非課税制度)口座を開設し、そ こから投資商品を買っていくといいでしょう。 もうひとつ、実際の投資は「分散が基本」と覚えてください。特定の商品、同傾向の商品に偏った投資をするのではなく、国や地域、通貨、...
全 17 件中、1 〜 10 件を表示