平成29年6月 8日

広報トピックス

“シリーズ教材「お金のキホン」”が消費者教育教材資料表彰2017で優秀賞を受賞

 今般、当協会が作成した“シリーズ教材「お金のキホン」”は、(公財)消費者教育支援センターが主催している消費者教育教材資料表彰2017において、優秀賞を受賞しました。
 消費者教育教材資料表彰は、学校における消費者教育の充実・発展に寄与することを目的に、全国の企業・業界団体、行政、消費者団体等から教材を募集し、教育現場で役立つ優秀な教材を表彰するものであり、今回の表彰は、平成29年3月までに作成した教材資料のうち、行政部門29点、企業・業界団体20点、消費者団体・NPO団体7点の計56点の応募の中から優秀賞として選出されたものです。
 6月26日(月)に、この表彰式を含む消費者教育シンポジウムが国立オリンピック記念青少年総合センターで開催され、また、優秀賞として選出された教材については、今後、全国から募集する評価教員が半年間実際に授業で使用し、評価が提出され、内閣府特命担当大臣賞選考委員会(2018年4月実施予定)の選考にかけられるとされています。
 今回優秀賞を受賞した“シリーズ教材「お金のキホン」”は、高校生が学ぶ金融経済教育の具体的な知識について、学習指導要領の家庭科と公民科の内容のポイントをおさえた教材であり、(1)先生の授業計画や授業方法に合わせてご利用いただける講義型教材、(2)グループワークやディスカッション等で生徒の主体的な活動を促し、思考力や判断力、表現力が養えるアクティブラーニング型教材、(3)講義でもアクティブラーニング型授業としても活用できる動画教材の3タイプで構成されています。
 教材・資料については次の掲載場所から自由にダウンロードできるほか、学校等で使用する場合には、授業プログラムガイド(冊子)を無料でお送りしますので、ぜひお申し込みください。

 

シリーズ教材「お金のキホン」”をチェック!

 


 

 

以上

「広報トピックス」記事一覧へ