平成30年7月17日

各 位

一般社団法人全国銀行協会

「AML/CFT態勢高度化研究会」の設置について

 今般、「AML/CFT態勢高度化研究会」を下記のとおり設置(事務局は当協会)し、第1回会合を開催いたしましたので、お知らせいたします。
 なお、最初の研究会のテーマとして、「KYC実務の共有化の可能性」を選定しておりますが、その研究に当たっては、金融庁の「FinTech実証実験ハブ」(第1号案件)の結果等も参考にしております。

 

 

1.目的

AML/CFT態勢の高度化に向けた銀行間での事務共有化等、コンプライアンス部門(AML)・事務部門を跨る検討課題について、会員行共同で研究を行う。

 

2.メンバー、オブザーバー

正メンバー

みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、全国地方銀行協会会長行、第二地方銀行協会会長行、全国地方銀行協会、第二地方銀行協会

オブザーバー

金融庁

 

3.その他

研究会資料および議事要旨は、原則非公表とする。

以上