本文へスキップ 障がい者向け相談窓口
知って感激!資産形成術 知っててよかった

あなたのライフイベントにはいくら必要? 知っててよかった!資産形成術

結婚資金編 200万円目標で二人の愛もトリプルアクセル全開や!愛があれば何でも出来るー!…と言いたいところやけど、ほんまはお金も結構大事やで。挙式に披露宴、新婚旅行…色々含めるとその費用は400万円以上(※1)。二人でコツコツ育む愛みたいに、お金もコツコツ貯めなあかんてことやね。3分の2はご祝儀でカバーできるのが一般的なんやって。ひとまず、夫婦のコンビネーションで200万円を目標に資金準備できると良さそうやね!
結婚資金についてもっと知る
Happy Wedding!

※1 ゼクシィ結婚トレンド調査2017調べ

教育資金編 子供の人生は滑らせたらあかん!小さい時からコツコツが大事やな!うちの子たちは将来何になるんやろな~。子供の将来はほんまに楽しみやね。せやし、子供の行きたい道に進ませてあげられるように準備しておいてあげたいと思うんやけど、教育費の中でも大学準備費用は250~520万円(※2)と必要額が大きいなあ。そのために子供が小さな時から計画的に積み立てておくのが安心やな。
教育資金についてもっと知る
kids!
※2
文部科学省「国立大学等の授業料その他費用の省令」
「平成26年度・私立大学等の学生納付金等調査」
「平成26年度・子供の学習費調査」より
住宅資金編 生活の軸足、マイホームGETで 人生を高くジャンプや!大好きな家族と、落ち着くマイホームがあるからチャージ満タンで毎日頑張れるもんやね。住宅は人生の中でもトップクラスの大きな買い物やから早いうちに準備しておくのが大事。住宅ローンを組む場合、自己資金として「欲しい物件の2割+諸経費」を準備しておくのが、一つの目安なんやって。カラオケルームにシアタールームにアイススケートリンク・・・織田ハウスもまだまだやりたいことたくさんで夢広がるわ~。
住宅資金についてもっと知る
My Home!
老後資金編 人生はまだまだ本番!しっかり備えて老後のステージも楽しむんやで!まだまだ先のことやと思ってたけど老後を想像してみるとワクワクするもんやな。孫とか生まれてるんかなあ。海外でのんびり暮らすのも良いなあ。でも一体、いくらかかるんやろ。…え、一つの目安として二人で2500万円必要!?今のうちに知っといてよかったー!第二の人生やって言うし今とは全然違う仕事で稼ぐのもおもろそうやなあ。農家?動画クリエイター?何が似合うんやろなー。
老後資金についてもっと知る
Old Age!
資産形成アマチュア必見! 知っててよかった!資産形成の選択肢

貯蓄だけじゃない、投資という選択肢 「この先の人生を考えると、貯蓄だけじゃなく投資も考えた方が良いと聞くけど、そもそも何がちがうの?」という方も多いはず。貯蓄と投資には、以下のようなちがいがあります。

貯蓄 お金を蓄えること。銀行であれば普通預金や定期預金に資金を預けることが一般的やね。元本を確保しながら安全に資産運用が出来る 大きく増やすことは出来ない
投資 将来有望な投資先に長期的に資金を投じること。株式や投資信託などの投資商品の購入を意味するんやで。貯蓄より大きく増えることが期待できる 元本は保証されない
投資商品についてもっと知る
リスクを軽減しながら、少額から始めてみよう! リスク軽減のポイント「長期・分散・積立」

投資にはリスクがあり、「自己責任」の原則のもと、最終的には自分自身で判断しなければなりません。
それでも、ポイントをおさえることでリスクを軽減させることができます。
たとえば「長期」。価格が変動する商品は、長く保有するほど、
想定した投資効果が得られる可能性が高まるといわれています。
続いて「分散」。商品の特性を考慮して、投資する商品や通貨、タイミング等を分散させることで、
リスクを抑え、リターンを安定させる効果が期待できます。

(注)各計算は、毎年同額を投資した場合の
各年末時点での累積リターン。
株式は、各国の代表的な株価指数を基に、
市場規模などに応じ各国のウエイトをかけたもの。
債券は、各国の国債を基に、市場規模等に応じ
各国のウエイトをかけたもの。

上のグラフは、過去の金融状況にもとづき、
同じ金額について3パターンの運用の仕方を取った場合の収益を比較したものです。
全額を定期預金にした(A)は、損は出ていませんが、20年かけて1.32%増えただけです。
国内の株と債券に半分ずつ投資した(B)は、時期によってはマイナスになっていますが、
最終的には38%増となっています。
そして国内・先進国・新興国の株と債券に1/6ずつ投資した(C)は、
上下を繰り返しながらもマイナスを出すことはなく、20年後に79.9%増となっています。
このように、分散、長期といったポイントをおさえることで、
安定的に収益を得られる結果となる傾向にあるのです。
また「積立」も有効です。「定期的に一定額ずつ」など、積み立てて投資していくことで、
商品の平均購入単価を下げる効果が期待できます。

投資のリスクを減らす方法についてもっと知る
投資というとたくさんのお金が必要なイメージかもしれんけど、初心者にぴったりな少額から始められるものもたくさんあるんやで。中にはなんと1000円くらいからスタートできるものもあるんや!(※3)

※3 月々の積立て投資の金額。
最低購入価格は金融機関によって異なる。

自分に合った制度はどれ?知っててよかった!資産形成に役立つ制度

投資による利益(売却益や配当金等)には
通常約20%の税金がかかりますが、
これらが非課税になる制度があります。
特徴を理解して、あなたのライフプランへの活用を
検討してみてはいかがでしょうか。

NISA つみたてNISA iDeco
年間の非課税投資枠 120万円まで 40万円まで 職業や加入している年金の制度により異なる 制度を利用して商品が買える期間 2023年まで 2037年まで 60歳まで 非課税での保有可能枠 5年間 20年間 60歳以降の各自の受け取り時まで 投資対象商品 投資信託、REIT等 一定の条件を満たす投資信託等 定期預金・投資信託・保険 投資方法 任意の金額・タイミングで購入可能(定期・定額での購入も可能) 定期・定額の積立てに限定 定期・定額の積立て 資産の途中売却 いつでも可能 60歳まで原則不可 開設できる口座数 同一年において1人につき1口座(NISAとつみたてNISAの併用は不可) 1人につき1口座(NISA制度との併用可)
NISAについてもっと知る
つみたてNISAについてもっと知る
iDeCoについてもっと知る
動画アーカイブ
  • 雨編
  • 家族編
クイズアプリで楽しく学ぼう!ライフプランスタディ 今日から考えるお金の戦術
close