最終更新日:令和2年5月27日

 令和2年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されることになりました。
 給付金は、原則、世帯主の方の口座への振込みにより給付されます。振込先口座の口座番号や口座名義人情報等を正しく自治体にお届けいただく必要がありますので、同口座の通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写しなどを確認しながら、お手続きくださいますようお願い申しあげます。

1.給付金の概要

給付対象 令和2年4月27日時点で住民基本台帳に記録されているすべての方
受給権者 給付対象者の属する世帯の世帯主
給付金額 給付対象者1人につき10万円
申請方法 (1)郵送申請方式 か (2)オンライン申請方式 のいずれか
(1)郵送申請方式
  • 市区町村から受給権者宛てに郵送された申請書に振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類(※1)と本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)の写しとともに市区町村に郵送
(2)オンライン申請方式
  • マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類(※1)をアップロードし、電子申請
※1 金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写し(水道料引落等に使用している受給権者名義の口座である場合には不要)
給付日等 市区町村において決定
申請期限は、郵送申請方式の申請受付開始日から3カ月以内

2.給付金振込先口座の届出等に当たってのポイント

 給付金は、原則、受給権者が指定する世帯主の方の口座への振込みによってお受取りいただけます。

(1)正しい振込先口座を届出ください

 給付金振込先口座の自治体への届出に当たっては、振込先口座の銀行名や口座番号、カナ氏名などの必要情報を、通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写しなどを確認しながら“正確に”届出ください。

(2)振込先口座の確認書類も忘れずに届出ください

 振込先口座の確認のため、通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面等の写しを届出いただく際には、「振込先の金融機関名」、「支店名」、「支店番号」、「預金種別(普通・当座等)」、「口座番号」、「口座名義(カナ)」などが確認できるようにコピーをとってください(※2)。

※2 通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面等の写しに、上記以外の情報(印影、クレジット機能付キャッシュカードのクレジット番号等)が記載されている場合は、それらの部分を黒く塗りつぶしていただいてもかまいません。

(3)給付金受給に係る申請書は各自治体にご提出ください

 給付金申請に係る書類を銀行にご提出いただいても、給付金は受給できません。
 申請書等は、自治体にご提出ください。

3.その他

(1)特別定額給付金に関する詳細は、自治体等にお問い合わせください

 特別定額給付金の開始時期等は、自治体によって異なります。
 申請の開始時期や方法等に関してご不明な点等がございましたら、お手数ですが、各自治体にお問い合わせください。
 また、制度全般に関してご不明な点等がございましたら、総務省の特別定額給付金コールセンター(Tel.0120-260020)にお問い合わせください。

(2)特別定額給付金に関する詐欺にご注意ください

 特別定額給付金の受給に関し、市区町村や総務省、銀行員や銀行協会職員等が、手数料の振込みを求めることや、キャッシュカードや現金、通帳をお預かりすることは絶対にありません。
 また、メールやショートメッセージ(SMS)を送り、URLをクリックして給付金の申請手続きを求めることも絶対にありません。
 当協会は、給付金詐欺の事例や注意すべきポイントを「新型コロナウイルスに乗じた犯罪等にご注意ください」 のページでまとめておりますので、併せてご確認ください。
 

以上