銀行協会職員を騙る詐欺

手口のポイント

  • 銀行協会職員になりすまし「銀行協会の者ですが」などと電話で連絡してくる
  • 口座番号、暗証番号などを巧みに聞き出してくる
  • 「担当者が伺います」などと言い、キャッシュカードや通帳をだまし取って預金を不正に引き出す

対策のポイント

  • 電話の相手に名前、部署などを聞き、実在の人物かを確認する
  • 銀行協会職員や銀行員が暗証番号を尋ねることは一切ないことを知っておく
  • 訪問者にキャッシュカードや通帳を渡さない
さらに読む

手口の例

銀行協会職員や銀行員、警察官等を名乗り、言葉巧みにお客さまの口座情報を聞き出そうとする事件や、暗証番号を聞き出してキャッシュカードをだまし取ろうとする事件、現金をだまし取ろうとする事件が発生しています。

事例

犯罪の手口(例)

  • 百貨店(デパート)の社員を名乗って、「あなたのクレジットカードを使って●●百貨店で××商品を購入しようとした人がいます。様子がおかしいのであなたに電話しました」などと言って電話を掛けてきます。さらに「あなたのキャッシュカードが不正に利用されるかもしれないので、のちほど、銀行協会職員が取りに行く」などと言って、一回電話を切ります。その後、銀行協会職員を名乗る者が電話・訪問してきて、言葉巧みにお客さまの取引銀行、口座番号、暗証番号を聞き出して、キャッシュカードをだまし取り、預金を引き出してしまいます。
  • 銀行協会職員や銀行員、警察官等を名乗る電話があり、「あなたの預金口座が危険にさらされているので口座を凍結します」あるいは「お客さまの預金通帳を発見した」などと言ってきます。その後、言葉巧みに取引銀行、口座番号、暗証番号を聞き出して、後ほど「銀行協会の職員が伺います」と言い残し一回電話を切ります。その後、銀行協会職員を名乗る者が訪問してきて、「このカードは使えないので一時預かります」などと言ってキャッシュカードをだまし取り、預金を引き出してしまいます。

犯罪の防止策

銀行協会職員が、電話や訪問によりお客さまの取引銀行や暗証番号をお伺いしたり、キャッシュカード、クレジットカードや現金をお預かりするようなことは一切ありません。

銀行協会職員、全国銀行個人信用情報センター職員などを装っている場合

  • 名前、部署、電話番号を聞いて一旦電話を切ります。
  • インターネットや電話番号案内などで銀行協会、全国銀行個人信用情報センターの連絡先を確認します。
  • 確認後、電話をして実在の人物が存在するか問い合わせてください。

警察官や弁護士などを装っている場合

  • 名前、勤務先、在籍の部署、電話番号を聞いて一旦電話を切ります。
  • インターネットや電話番号案内などで警察署や弁護士事務所などの連絡先を確認します。
  • 確認後、電話をして実在の人物が存在するか問い合わせてください。

現金を振り込む前に必ず確認を

  • 最寄りの警察、全国銀行協会相談室または銀行とりひき相談所に相談してください。

犯罪に遭ってしまった場合の連絡先

あやしいと感じたら…

被害に遭ってしまったら…