全銀協では、教材提供や講師派遣、指定校への支援などを実施しています。

全銀協では、金融経済教育の充実のためには、長期的・継続的な取組みが必要であり、また、標準的な教育内容を幅広く普及させることが望ましいことから、個々の銀行の取り組みに加えて、業界レベルでの取り組みも重要であると考えています。 
そこで、金融経済知識の普及・啓発活動のために、下記のような活動を行っています。
銀行の役割、銀行の商品やサービス、ローンやクレジットを利用する場合の留意点などをわかりやすく解説した、WEBコンテンツ・パンフレット・ビデオ・CD‐ROMなどの教材を作成し、無料で提供しています。一般消費者向けのほか、現役の学校教員が監修のもと、小学生・中学生・高校生向けの教材も作成。学校の授業や、企業の研修、地域のセミナーなどでご活用いただいています。 
また、教員の方々に、それらの教材を活用した授業を体験していただくために、教育者向けのセミナー研修会などに講師を派遣して行うデモ授業や、学校や一般消費者を対象としたセミナーなどに講師を派遣する「どこでも出張講座」を無償で実施しています。 
そして、2010年からスタートした「金融経済教育研究指定校制度」では、指定校を募り、教材・教育プログラムの提供等を行い、研究授業を支援しています。 
こうした活動を通して、国民のみなさまが金融・経済の知識を身につけ、より豊かな人生を送るためのサポートをすることが全銀協の願いです。