1.【ダイジェスト版】動画で学ぶ銀行の仕事

銀行の主な業務として、預金(お金を預かる)、貸出(お金を貸す)、為替(離れたところにお金を届ける)があり、これを銀行の三大業務といいます。
本動画は、これら銀行の三大業務について、また各業務に従事する人々の工夫(キャリア教育)について盛り込んでいる付録動画のダイジェスト版です。学校教育や消費者教育に携わる方であれば、本編である付録動画の申し込みが可能です。本編動画は、中学生向け教材「大好きなアーティストから考える~あなたと銀行のかかわり~」ティーチャーズガイドの付録ですので、当教材をウェブサイトからお申込みください。

2.ワークショップ2映像教材「信用が支える金融の仕組み」

アドバンスプログラム ワークショップ2でご活用いただく映像です。銀行が、個人や企業へ融資するかしないかを判断する「信用」について理解を深められます。本編は、ロールプレイングへの導入とまとめに使える構成になっています。

本編

銀行が融資審査を行う際、4つの視点「公共性」「返済能力」「成長性」「経営者の考え方」から「信用」を見極めていることを解説します。

解説編

企業や銀行にとって、「信用」がもっとも大切であるということ、「信用」に基づいて銀行が融資することによって、社会が豊かになっていることについて、解説します。

このページの先頭へ