香川県立高松商業高等学校 授業のねらい

授業のねらい

 「商業科・総合実践」は、(1)マーケティングに関する実践、(2)ビジネス経済に関する実践、(3)会計に関する実践、(4)ビジネス情報に関する実践、(5)分野横断的・総合的な実践 の5項目で構成される。 
 商業科の中で学んできた様々な内容について、単なる知識だけにとどまらず、現実の経済社会や自身の生活との関係を知る体験を通して、金融経済に関しての力を身につけていく。

教材を活用した授業の実際

 生活設計・マネープランゲームを導入として行い、偶然性のゲーム体験からの疑問や気付きを中心に、生徒が主体的に授業を展開していく。 
 「収入」「支出」「お金を借りる(ローン・クレジット)」「預金や貸出を行う銀行」など、現実に即したお金との関わり方、銀行の役割や銀行との関わり方について、ゲーム体験や調べ学習を通して理解を深めていく。 
 疑問や気付いた内容については、「知ろう!学ぼう!お金の使い方」「ローン&クレジットのABC」「ライフステージで学ぶ銀行」を活用しながら必要な情報を収集したり、シミュレーションツールで体験を行う。  
 学んだ内容を活かして現実に即した生活設計ができるように、またよりよい人生をおくるためにはどのようなポイントがあるのかなど、それぞれの生徒が考えられるようにしていく。