本店所在地:東京都

三菱UFJ銀行の取組み


「MUFG環境・社会ポリシーフレームワーク」に基づく環境・社会配慮の実現

CO2削減 自然保護 環境商品

MUFGは、グループ各社の事業活動により生じる環境・社会に対するリスクを、真摯に対応すべき経営上の重要課題と認識しています。事業を通じた環境・社会課題への貢献の基本方針である「MUFG環境方針」「MUFG人権方針」のもと、ファイナンスにおいて、環境・社会配慮を実現するための枠組みとして「MUFG環境・社会ポリシーフレームワーク」を定めています。
2019年5月には、気候変動対策への国際社会の要請や、環境・社会課題に対するさまざまなステークホルダーの意見、考え方も踏まえ、本ポリシーフレームワークを改訂し、石炭火力発電セクターに対する取り組みの厳格化などを行いました。
 今後も、事業活動の変化やビジネス環境の変化に応じて、本ポリシーフレームワークを定期的に見直し、高度化を図っていきます。

■2019年5月公表の「MUFG環境・社会ポリシーフレームワーク」の改定内容
 [改定]石炭火力発電セクター
     本件後は、新設の石炭火力発電所へのファイナンスは、原則として実行しません
     ・当該国のエネルギー政策・事情等を踏まえ、国際的ガイドラインを参照し、他の実行可能な代替技術等を個別に検討した上で、ファイナンスを取り組む場合あり
     ・温室効果ガス排出削減に繋がる先進的な高効率発電技術や二酸化炭素回収・貯留技術などの採用を支持

 [改定]ファイナンスに際して特に留意する事業
     石炭火力発電・クラスター弾製造に加えて、森林・パーム油・鉱業(石炭)を新たに追加
     ・ファイナンスを検討する際は、国際的に認められている認証の取得等の確認を実施

 [新設]アセットマネジメント事業
      アセットマネジメント事業にかかる環境・社会課題に対する取り組み方針を定めた「MUFG AM 責任投資ポリシー」を新設
     ・顧客資産を受託するフィデューシャリー・デューティーの視点を踏まえつつ、責任投資原則(PRI)の6原則に則り作成

三菱UFJ銀行 のホームページ