本店所在地:三重県

百五銀行の取組み


森林保全活動への取組み

自然保護

2005年に制定された「三重の森林づくり条例」に賛同して、翌年から二年毎に、三重県内の3か所の皆伐跡地と、海岸沿いの人工堤防上との合計4か所で、ヤマザクラ・ケヤキ・モミジ・クロマツなど苗木を植樹し、「百五の森」が誕生。

2018年5月には、当行の創立140周年および全国の地方銀行64行が参加している「日本の森を守る地方銀行有志の会」設立10周年の記念事業として、多気郡多気町丹生の山林で当行役員と新入行員による森づくり活動を行う。引き続き、2019年も4月、5月に新入行員による森林整備活動を実施した。

百五銀行 のホームページ