個人情報の保護に関する取組み

銀行界では、銀行、銀行持株会社、各地の銀行協会における個人情報の適正な取扱いを確保することを目的として、平成17年3月22日に「全国銀行個人情報保護協議会」を設立しました。全国銀行個人情報保護協議会は、会員である銀行等が遵守する「個人情報保護指針」を策定し、お客さまからの苦情を受け付けるなど、銀行界における個人情報の適切な保護・利用に万全を尽くしています。

広告表示等の適正化に関する取組み

銀行界では、景品表示法に基づき、一般消費者による適正な金融商品およびサービスの選択を保護すること、また、景品類の制限を実施することにより、不当な顧客の誘引を防止し、公正な競争を確保することを目的として、「全国銀行公正取引協議会」を設置しています。全国銀行公正取引協議会は、公正取引委員会の認定を受け、「銀行業における表示に関する公正競争規約」および「銀行業における景品類の制限に関する公正競争規約」を運用しています。

学術研究に関する助成への取組み

銀行界では、経済・金融に関する学術研究の振興に寄与するため、「公益財団法人 全国銀行学術研究振興財団」を設立し、経済・金融およびこれらに関する法制に係る研究等に対し、助成を行うなどの活動を行っています。

このページの先頭へ