明治10年07月02日銀行団体「択善会」創立
12年12月01日大阪交換所設立
13年09月03日東京銀行集会所設立
20年12月01日東京手形交換所設立
27年07月24日東京手形交換所不渡処分制度創設
30年01月20日経済文庫(現銀行図書館)設置
32年11月01日銀行倶楽部創立
大正5年09月25日東京銀行集会所新館落成
昭和20年09月25日社団法人東京銀行協会(東銀協)設立(以降各地に銀行協会設立)
9月28日全国銀行協会連合会設立
22年04月15日機関誌『金融』創刊
30年04月01日東銀協に金融相談所を設置(大阪、名古屋は31年に設置)
32年09月02日銀行倶楽部再開(昭和17年以来閉鎖)
33年06月25日新為替交換制度実施(各地銀行協会に為替交換室開設)
40年12月02日銀行会館落成(東京手形交換所を日本橋から移転)
45年10月14日東銀協によろず相談所(現全国銀行協会相談室)を設置(以降各地銀行協会にも設置)
46年07月07日東京手形交換所、立会交換方式を廃止してMICR方式による集中交換方式を実施
48年01月22日東銀協に個人信用情報センターを設置
4月09日全国銀行データ通信システム(全銀システム)稼働(全国銀行内国為替制度発足)
54年02月13日全国銀行内国為替制度に相互銀行、信用金庫、農林中金等が加盟(第2次全銀システム稼働)
55年10月24日外国為替円決済制度発足
56年02月16日東京・大阪・名古屋個人信用情報センターの共同利用システム稼働
59年08月13日全国銀行内国為替制度に信用組合、労働金庫、農業協同組合が加盟
61年03月18日全国銀行公正取引協議会設立
62年11月16日全銀システム東京・大阪の2センター方式稼働
63年10月17日全国銀行個人信用情報センターを設置(各地銀行協会の個人信用情報センターを統合)
平成元年2月01日52の相互銀行、普通銀行に転換し各地銀行協会に加入
(その後、平成3年4月までに16の相互銀行・信用金庫が普銀転換、各地銀行協会に加入)
4年03月03日財団法人全国銀行学術研究振興財団設立
5年10月07日東京銀行協会ビルヂング竣工
11年04月20日全国銀行協会へ改組
14年02月01日全銀協認証局開局(25年6月11日閉鎖)
17年04月01日全国銀行個人情報保護協議会業務開始
18年02月10日カード補償情報センター業務開始
20年10月01日あっせん委員会運営開始
22年04月01日一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)設立(22年10月1日事業開始)
22年06月08日株式会社全銀電子債権ネットワーク(でんさいネット)設立(25年2月18日開業)
22年10月01日銀行法および農林中央金庫法上の指定紛争解決機関業務開始
全国銀行協会相談室を設置(東銀協銀行とりひき相談所を発展的に解消)
23年04月01日一般社団法人全国銀行協会へ改組(全銀協と東銀協の業務を集約)
26年04月01日一般社団法人全銀協TIBOR運営機関(JBATA)を設立(同日事業開始)
28年11月28日主たる事務所を銀行会館(東京都千代田区丸の内一丁目3番1号)から朝日生命大手町ビル(東京都千代田区大手町二丁目6番1号。一部の部署は丸の内二丁目ビル(東京都千代田区丸の内二丁目5番1号))に仮移転