本店所在地:東京都

三井住友銀行の取組み


情報発信による環境の取り組み

CO2削減 ゴミ削減 自然保護 その他

三井住友フィナンシャルグループでは、お客さまに最新の環境情報をお届けするため、くらしと地球と金融をつなぐ環境情報誌「SAFE」を発行しており、2016年に創刊20周年を迎えました。「SAFE」では環境先進企業のトップインタビューや、環境に関する最新動向、各社の環境取り組みなどを紹介し、冊子での配布のほか三井住友フィナンシャルグループのホームページにも掲載しています。

更に2015年12月には、「未来を変えるお金の使いかた」をテーマとした子ども向け環境情報誌「JUNIOR SAFE」を創刊しました。「JUNIOR SAFE」では、環境や社会に役立つお小遣いの使い方を紹介し、お金と環境のつながりへの理解や行動を促すと共に、企業の環境取り組みなども紹介しています。「JUNIOR SAFE」は、全国の三井住友銀行の店頭で配布しているほか、ホームページでもご覧いただけます。また、2016年8月には、第10回キッズデザイン賞において、銀行初となる「優秀賞 消費者担当大臣賞」を受賞しました。詳しくは環境情報誌SAFEをご覧ください。

また、三井住友銀行はTCFD提言に基づき気候変動シナリオ分析を実施し、2019年4月、グローバル金融機関として初めて財務的影響の具体的な数値を開示しました。詳しくは「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言に対する情報開示について」をご覧ください。

三井住友銀行 のホームページ