本店所在地:大阪府

りそな銀行の取組み


「サステナビリティ長期目標」に基づく地球温暖化・気候変動への対応

CO2削減 自然保護

りそなグループでは、「サステナビリティ長期目標」において当社Grのエネルギー使用に伴うCO2排出量を2030年度までに実質ゼロにする目標を掲げました。

■CO2削減に向けた取り組み
グループ全体のエネルギー使用に伴うCO2排出量を2030年度までに実質ゼロにする目標を設定。りそなグループ大阪本社、埼玉本社、びわこビル、みなと本店では使用する電力の再生可能エネルギー化を開始しております。引き続きCO2排出量の抑制に努めていきます。

■社会的責任投融資にかかる取り組み
<融資業務>
「融資業務における基本的な取組姿勢」において、環境に重大な負の影響を及ぼすおそれのある開発プロジェクトなどへの融資は行わないこと、石炭火力発電事業にかかるプロジェクトファイナンスについては災害時対応等の真にやむを得ない場合を除き新規融資は行わないことなどを定めています。
2020年12月には、石炭採掘事業のうち特定の採掘方式など、自然環境に大きな負荷を及ぼす可能性のある事業に新規融資を行わないことを追加しました。
<信託財産運用業務>
グループ信託運用部門が行う信託財産などの運用において、環境・社会・企業統治にかかる課題への対応を含む非財務情報についても十分に把握・分析し、中長期的視点からの企業の価値向上や持続的成長を促すこと、これらを通じて信託財産などの価値の増大に努めることを「責任投資にかかる基本方針」に定めています。

りそな銀行 のホームページ