本店所在地:東京都

三井住友信託銀行の取組み


CSR調達の推進

CO2削減 自然保護

銀行業務ではコピー用紙や文房具などを大量に使用しています。2015年1月にはCSR調達方針を定めて、原材料の調達や製造過程まで含めて環境問題や社会問題に配慮した商品を購入することとしました。

2013年11月には国内企業数社とともに熱帯雨林の保全などにも配慮した紙の利用を推進する「持続可能な紙利用のためのコンソーシアム」を設立しました。熱帯雨林の破壊は、生物多様性を毀損し、地球温暖化の原因にもなります。さらには現地住民の生活基盤を破壊するなど大きな社会問題になっています。紙のユーザーとして違法伐採に関わる紙を購入しないようにグループ挙げて取り組んでいます。

新規開設の店舗では屋上に太陽光発電設備を設置して発電電力を店舗で使用したり、営業車に電気自動車を採用して、CO2排出量の削減にも努めています。

三井住友信託銀行 のホームページ