第5回ECO壁新聞コンクール入賞作品発表

全国のおともだちから過去最高となる8,478作品ものエコをテーマにした壁新聞が届きました。
応募していただいたみなさん、どうもありがとうございました。
特選に輝いた作品をご紹介します(順不同)。 

壁新聞の画像をクリックするとPDFファイルを開きます。

団体賞

東京都 日野市立日野第六小学校
鹿児島県 鹿児島市立西紫原小学校
岐阜県 岐阜市立長良西小学校

全国銀行協会会長 みずほフィナンシャルグループ社長 みずほコーポレート銀行頭取
佐藤康博

第5回エコ壁新聞コンクールでは新たに「節電の取組みについて」を設け、過去最高となる8,478作品の応募をいただきました。みなさんが、日頃からいろいろなことを感じ、考え、率先してリサイクルや省エネなどのエコ活動に取り組んでいる様子が紙面を通じてしっかりと伝わってきました。
どれも甲乙つけがたく、みなさんの思いや情熱がひしひしと感じられる素晴らしい作品ばかりであり、大変感動いたしました。
みなさんに負けないよう、銀行はこれからもエコ活動に取り組んでいきます。

新聞教育支援センター代表 日本新聞協会NIEコーディネーター 
吉成勝好

コンクールも五回目を向かえ、応募数も年々増えてきています。それに比例して作品の水準もあがっているように感じます。どの作品からも読んでもらうための工夫や、努力が見て取れました。
兄弟や友だち同士で協力して作った作品も多く、大変うれしく思います。今回は「銀行のエコ活動」をテーマにした新聞が頑張っていました。

お魚大使 東京海洋大学客員准教授
さかなクン

たくさんの素晴らしい作品ありがとうギョざいます。毎年審査に参加させていただいていますが、作品の色づかいが年々鮮やかになってきています。みなさんが楽しんで新聞を作られているのが伝わってきました。

朝日学生新聞社社長 
沖 浩

素晴らしい作品がどーんと増えて、審査するのにとても苦労しました。小学生の皆さんが日ごろから環境問題について真剣に考えていることや、自分たちが学んだ大切なことを他の人にも知ってもらいたいという思いが、ひしひしと伝わってきました。

主催/全国銀行協会  共催/朝日小学生新聞  後援/朝日新聞社

このページの先頭へ