広告表示の適正化に関する対応

全国銀行公正取引協議会

 銀行が景品類の提供や金融商品・サービスの表示を不当に行うと、お客さまは、適正な金融商品やサービスを選択できなくなるとともに、銀行間の公正な競争が行われなくなってしまいます。

 このため、全国銀行公正取引協議会は、一般消費者による適正な金融商品・サービスの選択を可能にするとともに、銀行における不当な顧客の誘引を防止し、公正な競争を確保することを目的として、いわゆる景品表示法の規定にもとづいて、業界の自主ルールである景品規約(銀行業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約)と表示規約(銀行業における表示に関する公正競争規約)を制定し、運営しています。

 全銀協は、全国銀行公正取引協議会から委嘱を受けて、同協議会の事務局を務めています。

このページの先頭へ