個人情報保護の適正化に関する対応

全国銀行個人情報保護協議会

 全国銀行個人情報保護協議会は、会員である銀行や銀行持株会社等における個人情報の適正な取扱いを確保することを目的とした組織で、「個人情報の保護に関する法律」にもとづいて金融庁から認定を受けた「認定個人情報保護団体」です。

 協議会は、情報の取得および利用、安全管理措置、開示等の手続等について会員が遵守すべき個人情報保護指針を定め、公表しているほか、会員に同指針を遵守させるため、必要に応じて勧告、指導その他の措置を行っています。

 また、協議会は、消費者等からの会員における個人情報の取扱いについての苦情、相談等を受け付けています。さらに、これら苦情等の解決促進を図るとともに、寄せられた事例等について、当該銀行に情報を還元する等により、個人情報の取扱いの適正化、お客さまへのサービスの改善等に資する取組みを行っています。

 協議会事務局の事務は、全銀協に委嘱されています。また、苦情、相談等の受付は、「全国銀行協会相談室」および各地の銀行協会が設置する「銀行とりひき相談所」が行っています。

このページの先頭へ