平成14年1月31日

各 位

全国銀行協会

全銀協認証局の開局について

全国銀行協会(会長 山本 惠朗(富士銀行頭取))は、本日、全銀協認証局を開局し、金融機関の認証のための電子証明書発行サービスを開始いたしました。

全国銀行協会は、昨年3月、セキュリティと顧客利便に優れたICキャッシュカードの普及を期待して、「全銀協ICキャッシュカード標準仕様」を制定しました。

この標準仕様では、ICキャッシュカードを発行する金融機関相互の間でのICカード取引を実現するため、ICクレジットカードにおいても利用されている「公開鍵暗号方式」を採用しています。

全銀協認証局は、この「公開鍵暗号方式」実現のために、ICキャッシュカードを発行する金融機関の公開鍵(発行者公開鍵および端末公開鍵)の正当性を証明する電子証明書を発行する上位認証局(ルート認証局)として、わが国初のものです(別紙スキーム図参照)。

なお、全銀協認証局の運営主体は社団法人東京銀行協会とし、また、全銀協認証局の電子証明書発行システムは、NTTコミュニケーションズ株式会社に委託しています。

【本件照会先業務部】増田・大野 TEL.5252-3765

〔参考〕

  • 全銀協認証局について
    全銀協認証局の概要を説明するものです。
  • 全銀協認証局運営規則
    全銀協認証局の運営に関する基本的なルールです。

別添資料:全銀協認証局の開局について