平成18年7月14日

全国銀行協会
会長 畔柳 信雄

本日の日本銀行によるゼロ金利政策の解除について

 わが国の景気は、企業収益の改善や設備投資の増加、個人消費の底堅い動き等、バランスの取れた形で着実に回復している。そうしたなかで消費者物価のプラス基調も定着してきた。
 今回のゼロ金利政策の解除は、日銀がこのような状況を総合的に踏まえ、適切に判断されたものと認識している。ゼロ金利政策の解除は、量的金融緩和の解除に続く金利機能の正常化に向けたプロセスであり、今後も、日銀に対しては、持続的な経済成長の実現と物価の安定に向け、適切な金融政策運営をお願いしたい。