平成19年2月 8日

各 位

全国銀行協会

環境講演会・金融調査研究会CSRシンポジウム開催のご案内

当協会では、銀行経営に関係する金融・財政問題の理論的側面についての調査・研究を目的として「金融調査研究会」(座長:貝塚啓明中央大学研究開発機構教授)を設置しており、本年度は、第1研究グループにおいて、「金融機関におけるCSR活動や環境配慮行動」をテーマとして取りあげ、調査・研究を行ってまいりました(別紙2参照)。
また、当協会では、会員が環境問題の重要性に対する認識を共有することを目的として、平成7年度から毎年度、「環境問題に関する講演会」(環境講演会)を開催しております。
本年度は、テーマの共通性が高いことから、第12回の環境講演会と、金融調査研究会の研究報告を兼ねたシンポジウムを、下記のとおり合同で開催することといたしました。また、今回は公開で開催し、本問題に関心のある方のご参加を広く募集することといたしました。金融機関のCSR経営や環境問題への対応が金融庁はじめ関係各方面で注目されているなか、時宜を得た内容のものですので、多数のご参加をお待ちしております。
参加をご希望される場合には、準備の都合上、お手数ですが、勤務先、所属部署、役職、氏名、参加証送付先、電話番号をFAX(FAX03-3214-3429/別紙1をご使用ください)により、2月28日(水)までに当協会コンプライアンス室宛ご連絡ください。当方からご指定の送付先に対し、参加証をお送りしますので、当日必ずお持ちくださいますよう、お願い申しあげます。

日 時

平成19年3月6日(火)午後1時30分~4時30分

場 所

銀行会館5階講堂
(千代田区丸の内1-3-1、別添地図ご参照)
※恐縮ですが、駐車スペースの関係上、お車でのお越しはご遠慮ください。

テーマ

「金融機関におけるCSR活動や環境配慮行動を考える」

スケジュール

  • 開 会〔1時30分〕
    ご挨拶:
    貝塚 啓明 中央大学研究開発機構教授(金融調査研究会座長)
  • 基調講演〔1時40分~2時30分〕
    演題:「環境と金融を巡る新しい流れ」
    講演者:末吉竹二郎 国連環境計画・金融イニシアチブ特別顧問
    (講師略歴は 別紙3参照)

    (休 憩)

    シンポジウム〔2時45分~4時30分〕

    テーマ:
    「金融機関におけるCSR活動や環境配慮行動の充実に向けて」

    パネリスト:

    清水 啓典 一橋大学大学院商学研究科教授〔司会〕 (金融調査研究会第1研究グループ主査)

    首藤  惠 早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授(同委員)

    谷本 寛治 一橋大学大学院商学研究科教授(同委員)

    馬奈木俊介 横浜国立大学大学院国際社会科学研究科助教授
    (同研究員)

    柳川 範之 東京大学大学院経済学研究科助教授(同研究員)

    末吉竹二郎 国連環境計画・金融イニシアチブ特別顧問

    金井  司 住友信託銀行企画部CSR担当部長

    (各パネリストの略歴は別紙3参照)

    閉 会〔4時30分〕

    5.その他

    当協会では、現在、特別警戒を実施しております。つきましては、当日は、1階の本会合受付に参加証をご提出のうえ、受付を行っていただきますよう、お願い申しあげます。また、地球温暖化防止国民運動(「チーム・マイナス6%」)の一環として、冬季期間(12月1日~3月31日)における暖房の設定温度を例年より低めに設定しておりますので、ご理解のほどよろしくお願い申しあげます。

【本件照会先】
金融調査部 世良、今津 Tel.03-5252-3789
コンプライアンス室 西村、内山 ;Tel.03-5252-4323、Fax.03-3214-3429