平成22年11月17日

各 位

金融調査研究会

金融調査研究会シンポジウム「安定的な経済成長のためのプルーデンス政策のあり方を考える」~金融規制改革パッケージの検証と今後の展望~開催のご案内(金融調査研究会)

 全国銀行協会では、銀行経営に関係する金融・財政問題の理論的側面についての調査・研究を目的として「金融調査研究会」(座長:貝塚啓明 東京大学名誉教授・金融教育研究センター長)を設置しており、本年度、第1研究グループにおいては「安定的な経済成長のためのプルーデンス政策のあり方」をテーマとして取りあげ、調査・研究を行っています(別紙2参照)。
 今般、G20ソウルサミットにおいて、世界的な規模の金融危機を再発させないとの視点から、自己資本規制の強化および流動性規制の導入を柱とした新たな金融規制改革パッケージが合意されました。そこで、当研究会では、同パッケージについて検証を行うとともに、危機の再発防止という観点のみならず世界経済の安定的な経済成長を促すうえで望ましい金融規制・監督のあり方を探ることを目的としたシンポジウムを下記の要領で開催することといたしましたので、ご案内申しあげます。
 ご関心のある皆さま方のご参加を賜りますよう、お願い申しあげます。


日 時

平成22年12月17日(金)午後2時~5時

場 所

銀行会館5階講堂(東京都千代田区丸の内1-3-1)(別添地図参照)

主 催

金融調査研究会

プログラム

(詳細は、別紙3を参照)

  1. 主催者挨拶
    貝塚啓明氏 東京大学名誉教授・金融教育研究センター長 (金融調査研究会座長)

  2. 基調講演
    講演I 五味廣文氏 PwC総合研究所理事長(元金融庁長官)
    「金融規制改革パッケージの検証と今後の展望」

    講演II 清水啓典氏 一橋大学大学院商学研究科教授(金融調査研究会第1研究グループ主査)
    「安定的な経済成長のためのプルーデンス政策のあり方」(金融調査研究会提言)

  3. パネルディスカッション
    【コーディネーター】
    • 清水啓典氏
    【パネリスト】
    • 五味廣文氏 PwC総合研究所理事長(元金融庁長官)
    • 黒田晁生氏 明治大学政治経済学部教授(金融調査研究会第1研究グループ委員)
    • 齊藤誠氏 一橋大学大学院経済学研究科教授(金融調査研究会第1研究グループ委員)
    • 中村恒氏 東京大学大学院経済学研究科常勤講師(金融調査研究会第1研究グループ研究員)
    • 安田行宏氏 東京経済大学経営学部准教授(金融調査研究会第1研究グループ研究員)
    • 車谷暢昭氏 全国銀行協会企画委員長(三井住友銀行常務執行役員)

参加手続き(参加費無料)

 参加ご希望の場合には、参加申込書(別紙1(Word版 / PDF版))に必要事項をご記入のうえ、当研究会事務局・全国銀行協会金融調査部メール・アドレス宛、12月10日(金)までにご連絡ください。当方からご指定のメール・アドレスに参加証をお送りしますので、当日必ずご持参ください(多数の場合は抽選となります)。
 なお、お預かりした個人情報は、本シンポジウムに係る運営・情報連絡等のためのみに利用させていただきます。

【本件に関するご照会先】
金融調査研究会事務局
全国銀行協会 金融調査部 福田、藤澤
〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1
Tel.03-5252-4318
Fax.03-3214-3429

 

別添資料:金融調査研究会シンポジウム「安定的な経済成長のためのプルーデンス政策のあり方を考える」~金融規制改革パッケージの検証と今後の展望~開催のご案内(金融調査研究会)