平成24年3月12日

各 位

金融調査研究会

金融調査研究会提言「アジア経済圏における金融・資本市場の発展に向けた課題とわが国金融機関が果たすべき役割」について(金融調査研究会)

 今般、金融調査研究会(座長:貝塚啓明東京大学名誉教授・日本学士院会員)の第1研究グループ(主査:清水啓典一橋大学大学院商学研究科特任教授、委員名簿は別紙参照)では、「アジア経済圏における金融・資本市場の発展に向けた課題とわが国金融機関が果たすべき役割」と題する提言を取りまとめました。
 金融調査研究会としては、本提言が関係各方面における議論に少しでも資することを期待しております。
 なお、本提言は、金融調査研究会が取りまとめた提言であり、全国銀行協会の意見を表明したものではないことを申し添えます。

別添資料:金融調査研究会提言「アジア経済圏における金融・資本市場の発展に向けた課題とわが国金融機関が果たすべき役割」について(金融調査研究会)