平成25年10月17日

各 位

一般社団法人全国銀行協会

全銀協による金融経済教育活動の推進について

 一般社団法人全国銀行協会(会長:國部 毅 三井住友銀行頭取)(以下「全銀協」)では、従来から、「銀行の役割・機能等の理解促進」、「金融取引に関する意識・知識等の向上」を図るため、金融経済教育活動を積極的に推進して参りました。
 今回、近年の金融経済教育の充実に対する社会的要請の高まりや、これまでの活動に対する利用者の声等を踏まえ、金融経済教育活動の更なる推進に向け、今後3か年における具体的な対応方針を取りまとめました。その概要は、下記のとおりです。
 今回の対応方針では、中学生・高校生を対象とした取り組みを継続するとともに、「社会人として経済的に自立するための生活スキルの習得・向上」、「利用者保護の推進・投資家責任に係る環境の整備」、「家計による投資促進を通じた日本の成長分野への資金供給の拡大」の観点から、特に、大学生、社会人、高齢者等を対象に取り組みの強化を図っています。
 全銀協としては、本方針にもとづき、会員各行とともに、積極的に金融経済教育を推進して参ります。

1.対象層別の重点テーマと主な施策

(1)中学生・高校生

  • 重点テーマ
    新学習指導要領や「金融経済教育研究会」報告書等の内容を踏まえ、金融の仕組みに関する基本的な知識の向上、生活設計の必要性に対する理解向上を重点テーマとする。
  • 主な施策
    1. 新学習指導要領の内容等を踏まえた各種教材等の充実
    2. 全銀協において金融経済教育支援内容を掲載したリーフレットを作成し、学校関係者等への配布を検討

(2)大学生・社会人

  • 重点テーマ
    社会生活上必要とされる金融リテラシーの習得(生活設計の必要性に対する理解向上、金融商品・金融取引に関する知識の向上、多重債務問題への理解)を重点テーマとする。
  • 主な施策
    1. 社会人として最低限必要な金融知識の習得等を目的とした各種教材を作成、会員各行や地方公共団体等を通じた普及活動を検討
      (例)新入社員や大学生向け教材の作成、会員行店舗でのリーフレット配布、DVD放映等
    2. 雑誌広告やインターネット広告、TV、イベント等を活用した金融経済教育活動の推進

(3)高齢者

  • 重点テーマ
    近年の金融犯罪被害の拡大や、金融商品販売におけるトラブルの増加といった状況を踏まえ、金融犯罪の防止啓発や金融商品に関する知識の向上を重点テーマとする。
  • 主な施策
    1. 金融犯罪の防止啓発や金融商品に関する知識の向上を目的とした各種教材を作成、会員各行や高齢者団体等を通じた普及活動を検討
      (例)病院のロビー、会員行店舗でのリーフレット配布、DVD放映等
    2. 雑誌広告、TV、イベント等を活用した、金融経済教育活動の推進

2.共通施策

(1)会員各行との連携強化

(例)全銀協のホームページを通じた情報提供の充実、会員各行による講義、セミナー等の支援、会員各行の教材等の相互利用等

(2)外部の知見活用

(例)教育関係者や有識者等から評価・アドバイスを得る場の設置を検討等

【本件照会先】
企画部広報室 小倉、山田 Tel.03-5252-3753