平成27年10月 6日

一般社団法人全国銀行協会
会長 佐藤 康博

TPP協定交渉の大筋合意について

 TPP(環太平洋パートナーシップ)協定交渉が大筋合意に至ったことを心から歓迎する。そして、甘利大臣をはじめとする交渉関係者のご尽力に心から敬意を表したい。

 TPP協定を含む経済連携の推進は、わが国の成長戦略の主要な柱のひとつである。TPP協定による21世紀型の新たなルールを持つ巨大な経済圏の誕生は、日本のみならず、アジア太平洋地域、そして、グローバルにも大きな意義がある。

 わが国が今後も成長を持続し、豊かな社会を築いていくためには、わが国の企業などの活躍の場を広げていくとともに、成長著しいアジア太平洋地域をはじめとする世界の活力を広く取り込んでいかなければならない。

 銀行界としても、影響を受ける産業の基盤強化や成長支援への取組みを含め、円滑な資金供給やコンサルティング機能の提供といった金融仲介機能を十分に発揮することで、TPP協定によって幅広く活性化するわが国やTPP経済圏の経済活動を支え、その持続的な成長に貢献して参りたい。