平成29年3月 3日

広報トピックス

全銀財団、2016年度財団賞・研究助成を決定

 公益財団法人全国銀行学術研究振興財団は、選考委員会(委員長:堀内昭義 前中央大学教授)および理事会による審査を経て、2016年度「全国銀行学術研究振興財団賞」および研究・刊行に対する助成を以下のとおり決定しました。
 2月3日には、國部毅理事長(三井住友銀行頭取)等の出席のもと、財団賞表彰式および助成金贈呈式を開催しました。
 

2016年度全国銀行学術研究振興財団賞

  • 表彰者 柳川 範之(東京大学 大学院経済学研究科 教授)
  • 賞金 100万円
  • 表彰理由 契約理論にもとづく金融制度や企業金融に関わる諸問題の分析において極めて優れた成果をあげ、その業績が高い評価を得ている。

 

研究・刊行に対する助成

  • 研究に対する助成 40件(計2,780万円)
  • 研究成果の刊行に対する助成 1件(120万円)

 

「広報トピックス」記事一覧へ