平成29年11月16日

各 位

一般社団法人全国銀行協会

申し合わせ

中小企業金融等への取組みに関する申し合わせについて

 一般社団法人全国銀行協会(会長:平野信行 三菱UFJフィナンシャル・グループ社長)は、本日開催の理事会において、中小企業等の資金需要に柔軟かつ積極的に対応し、中小企業金融等の取組みに全力をあげるよう、以下のとおり申し合わせを行いましたので、ご連絡申しあげます。

 

中小企業金融等への取組みについて


 わが国経済は、企業業績や雇用情勢が改善し、景気拡大期間が「いざなぎ景気」を上回る戦後第2位に達するなど、緩やかな回復基調が続いている。しかしその一方で、海外の政治・経済の不確実性がわが国経済に与える影響には引き続き留意する必要があり、また、人手不足が顕在化する中での地域経済の活性化といったわが国が抱える構造的な課題への対処が急がれる状況にある。

 このような状況のもと、官民が一体となって成長戦略に取り組み、好調な企業収益を設備投資の増加や消費の拡大等につなげることによって、デフレからの脱却をより確かなものにしていくことが益々重要となっている。私ども民間金融機関も、引き続き政府や日本銀行と緊密な連携を保ちつつ、金融面からわが国経済をしっかりと下支えし、企業の持続的な成長ならびに地域経済の活性化に貢献していくことが期待されている。

 なかでも銀行界は、取引先企業の経営課題やニーズを把握し、事業力や成長性を適切に評価したうえで、外部機関や外部専門家との連携も図りながら経営改善や生産性向上などの企業の価値向上につながる有益なアドバイス、融資、あるいはビジネスマッチングに積極的に取り組むなど、顧客本位の金融仲介の取組みを継続的に進めていくことが求められている。

 また、「経営者保証に関するガイドライン」のより一層の活用を図り、事業承継時の課題への対応等、経営者と金融機関の深度ある対話を更に進めながら、担保・保証に必要以上に依存しない融資に取り組み、良質な金融サービスを提供していくことが必要である。

 これから年末に向けては、企業等の資金需要が高まることに伴い、企業金融が逼迫しやすくなる時期である。私ども銀行界は、わが国経済の活性化に一層貢献していくべく、企業等の資金需要に柔軟かつ積極的に対応し、中小企業等に対する金融仲介機能の発揮に全力をあげて取り組むことを申し合わせる。

【本件照会先】
業務部 井出野 Tel.03-6262-6655