令和2年11月19日

各 位

一般社団法人全国銀行協会

中小企業金融等への取組みに関する申し合わせについて

 一般社団法人全国銀行協会(会長:三毛 兼承 三菱UFJ銀行頭取)は、本日開催の理事会において、中小企業等の資金需要に柔軟かつ積極的に対応し、中小企業金融等の取組みに全力をあげるよう、以下のとおり申し合わせを行いましたので、ご連絡申しあげます。

 

中小企業金融等への取組みについて

 

 わが国経済は、世界的な新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況にあるが、各種政策の効果や「コロナとの共存」を前提としたビジネスの再構築に向けた動きなど、徐々に改善の兆しも見え、今後もこの動きが継続することが期待される。

 このような状況のもと、政府は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策を講じつつ、社会経済活動レベルを段階的に引きあげていく方針のもと、「成長戦略実行計画」等にもとづき、中小・小規模事業者の生産性向上や実質無利子・無担保融資をはじめとする資金繰りや事業承継の支援などを着実に実行している。

 私ども銀行界も、引き続き政府や日本銀行と緊密な連携を保ちつつ、金融面からわが国経済をしっかりと下支えし、企業の持続的な成長ならびに地域経済の発展に貢献していくことが期待されている。

 銀行界は、取引企業の資金調達や事業展開、事業承継等の経営上の重要課題・ニーズに対するコンサルティング機能を発揮し、金融仲介機能の一層の強化を図ることで、地方経済の活性化に貢献し、この期待にしっかりと応えていくことが社会的役割であり、公共的使命であると認識している。

 とりわけ年末に向けては、企業等の資金需要が高まることに伴い、企業金融が逼迫しやすくなる時期である。私ども銀行界は、企業の持続的な成長ならびに地域経済の発展に一層貢献していくべく、企業等の資金需要に柔軟かつ積極的に対応し、中小企業等に対する金融仲介機能の発揮に全力をあげて取り組むことを申し合わせる。

【本件照会先】
業務部 岡島 Tel.03-6262-6655