令和3年1月29日

各 位

一般社団法人全国銀行協会

LIBORの恒久的な公表停止の可能性に係る相対貸出のフォールバック条項の参考例(サンプル)の改訂版等の公表について

 一般社団法人全国銀行協会(会長:三毛兼承 三菱UFJ銀行頭取)は、2021年末にも恒久的な公表停止の懸念が強まっているLIBORについて、お客さまが円滑かつ効率的に契約変更手続き等を進めていくことができるよう、下記のとおり、「相対貸出のフォールバック条項の参考例(2021年1月改訂版)」とともに、「TONA複利(後決め)レートの規定参考例」および「リスク・フリー・レートの用語集」を作成し、公表しました。

 「相対貸出のフォールバック条項の参考例(※)」は、相対貸出の契約でLIBORをご利用しているお客さまが、契約変更手続きに際し、必要に応じてサンプルのようなかたちで適宜参照・利用することを想定したもので、今般、改訂版の作成に当たっては、「日本円金利指標に関する検討委員会」が2020年11月に公表した市中協議(第2回)の取りまとめ報告書の内容を盛り込むほか、今後想定されているLIBOR運営機関等による公表停止等の予定発表(いわゆるトリガーイベント)後の契約変更に対応した参考例を追加的に策定するなど、国内外の議論の進展等を反映しています。

 「TONA複利(後決め)レートの規定参考例」および「リスク・フリー・レートの用語集」については、日本円のリスク・フリー・レートであるTONAの複利(後決め)が、円LIBORの代替金利指標(フォールバック・レート)として、本邦において一段と利用が進んでいく可能性があることを踏まえ、新たに作成し、公表したものです。本資料も、お客さまの契約変更手続きに際し、必要に応じてサンプルのようなかたちで適宜参照・利用されることを想定しております。

 なお、具体的な個別案件で利用されるフォールバック条項等の規定内容については、契約当事者間で十分協議し、両者合意のうえで設けられる必要がある点にご留意ください。

 当協会は、引き続き、お客さまにおける円滑な対応に資するよう、積極的に活動して参ります。

 

 

相対貸出のフォールバック条項の参考例(2021年1月改訂版)

TONA複利(後決め)レートの規定参考例およびリスク・フリー・レートの用語集(2021年1月公表版)

 


相対貸出のフォールバック条項の参考例(サンプル)は、2020年3月に初版を公表した後、7月に補訂版を公表しています。

【本件照会先】
業務部 Tel.03-6267-7549