令和4年10月18日

各 位

一般社団法人全国銀行協会

「決済・経理業務の電子化推進強化月間」の設定・実施について

 一般社団法人全国銀行協会(会長:半沢淳一 三菱UFJ銀行頭取)は、2021年6月に閣議決定された「成長戦略実行計画」における提言等を踏まえ、同年7月に、2026年度末までに手形・小切手の交換枚数をゼロにすることを最終目標とした「手形・小切手機能の全面的な電子化に向けた自主行動計画」(※1)を策定いたしました。また、本年3月に自主行動計画にもとづくフォローアップ結果等を取りまとめるなど、企業における決済・経理業務の電子化促進に向けた取組みを加速しております。
 こうした状況も踏まえ、企業における決済・経理業務の電子化に向けた活動・取組みをより一層強化すべく、本年11月の1か月間を「決済・経理業務の電子化推進強化月間」と定めることといたしました。具体的には、IB、でんさいおよびZEDIを集中的に訴求して電子化を促進するため、下記のとおり活動して参ります。

 


 

1.名称

決済・経理業務の電子化推進強化月間

2.期間

2022年11月の1か月間(※2)

3.目的

電子化を支援する銀行サービス(IB、でんさい(※3)およびZEDI)の利用促進

【ソリューション】

  • インターネットバンキングによる振込を活用した小切手機能の電子化
  • でんさいを活用した手形機能の電子化
  • 税・公金収納・支払の効率化に向けた電子納付の推進
  • 金融EDI(全銀EDIシステム)を活用した決済・経理業務の効率化

4.主な活動内容

(1)企業向けオンラインセミナーの開催

 手形・小切手の全面的な電子化をテーマとしたセミナーをオンライン形式で開催(主催:全国銀行協会、全銀電子債権ネットワーク(以下「でんさいネット」という。)後援:金融庁、中小企業庁、経済産業省、日本経済団体連合会、日本商工会議所)。

 でんさいネットウェブサイトで参加申込を受付中

2022年11月16日(水) 〔1〕午前10時~午前11時
〔2〕午後2時~午後3時
2022年11月22日(火) 〔1〕午前10時~午前11時
〔2〕午後2時~午後3時
(2)周知広報ツールの活用

〔1〕手形・小切手機能の電子化

 2026年度末までの手形・小切手機能の全面的な電子化について周知し、電子的決済サービス(「IBによる振込」または「電子記録債権」)への移行を促進することを目的としたチラシおよび動画

〔2〕金融EDIを活用した業務効率化

 ZEDI利活用好事例の紹介、ZEDIの認知度向上および利活用の促進を目的とした媒体(ウェブページ・リーフレット)

(3)SNS等を活用した集中的な周知

 全銀協公式SNS(YouTube、Twitter、Facebook)やWeb広告等を活用して、周知広報ツールや決済高度化ポータルサイト等に誘導

【全銀協公式SNS】

 

(※1)
当協会が事務局を務める「手形・小切手機能の『全面的な電子化』に関する検討会」において策定。
(※2)
でんさいネットは、当協会の「決済・経理業務の電子化推進強化月間」に併せて本年11月を「でんさい推進強化月間」と設定し、同社の参加金融機関と協力して、でんさいの利用を促進する。
(※3)
(株)全銀電子債権ネットワーク(通称:でんさいネット)が取り扱う電子記録債権。

別添資料:「決済・経理業務の電子化推進強化月間」の設定・実施について