令和4年11月21日

各 位

一般社団法人全国銀行協会

中小企業金融等への取組みに関する申し合わせについて

 一般社団法人全国銀行協会(会長:半沢淳一 三菱UFJ銀行頭取)は、理事会において、中小企業等の資金需要に柔軟かつ積極的に対応し、中小企業金融等の取組みに全力をあげるよう、以下のとおり申し合わせを行いましたので、ご連絡申しあげます。

 

中小企業金融等への取組みについて


 わが国の足下の経済情勢は、新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いてきたことに伴い、正常化が進んでいるものの、世界的な燃料・原材料価格の高騰や円安を背景とする物価高等が景気の重石となっている。
 このような中、政府は、厳しい状況にある事業者への資金繰りを支援するため、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」において、借換え需要に加え、新たな資金需要にも対応する信用保証制度の創設を盛り込むなど、様々な支援を打ち出している。
 銀行界においても、財務・非財務の両面で取引先企業の収益力の回復や事業再生を支援していくことが求められており、これまで同様に注力していく。
 引き続き、資金繰り支援に最優先に取り組んでいくとともに、本源的な収益力回復に向けた事業再構築に資するアドバイスの提供により、取引先企業の経営課題解決を全力で支援していくことが必要であると認識している。
 とりわけ年末に向けては、企業等の資金需要が高まることに伴い、企業金融が逼迫しやすくなる時期である。私ども銀行界は、中小企業等の業況を積極的に把握し、最大限寄り添ったきめ細かな支援を引き続き徹底すること等を通じて、金融仲介機能の発揮に全力をあげて取り組むことを申し合わせる。