本店所在地:島根県

山陰合同銀行の取組み


J-クレジットを活用したSDGsへの貢献

CO2削減 自然保護

温室効果ガスの排出削減量や森林資源等によって増加した温室効果ガスの吸収量に環境価値を持たせたJ-クレジットを活用し、地域の環境保全に対する理解促進とJ-クレジットの販売収入を活用した森林整備や温室効果ガス削減の取り組みを地方公共団体等とともに推進。
積極的なJ-クレジットの販売支援、売買契約仲介により、「気候変動対策」や「豊かな森の保全」といったSDGsの目標達成だけでなく、取引先の環境活動の支援・企業価値向上を通じた持続可能な事業への支援を目指している。

当行のJ-クレジット販売仲介の実績は、取引先のSDGsに対する関心の高まりもあり、2019年度で累計3,840t-CO2と順調に増加。また、2020年2月からは太陽光発電事業に由来するJ-クレジットの仲介も開始し、より幅広いJ-クレジットの活用を促進。
こうした取り組みについて、内閣官房まち・ひち・しごと創生本部より、令和元年度「地方創生に資する金融機関等の特徴的な取組事例」として選定され、表彰をいただいた。

山陰合同銀行 のホームページ